So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

さよなら平成また来て東京 [私自身のこと]

久しぶりに東京に出かけてきました。
平成元年に進学で上京しましたもので、締めもやっぱり東京にしたいと思ったんです。

関東地方を離れてから15年...。
その間、東北北海道以外の地方には全く足を踏み入れてませんでした。
もう開き直っておのぼりさんになりきってやろうと浅草観光から始めました。

電車の乗り方とかもうすっかり忘れちゃってる。山手線も色々進化してますね。
DSC_0146.jpg

雷門。
IMG_9087.jpg

浅草寺。
IMG_9100.jpg

スカイツリー。
津軽衆が岩木山をランドマークにする要領で最初はこれを目印に動こうとしてました。
すぐ体が昔を思い出して慣れちゃったけど。
IMG_9082.jpg

伝法院通り。
思えば東京にいたころあまり下町の風景を目に焼きつけてなかったのでした。
IMG_9078.jpg

下町を中心に銭湯めぐりをしました。

浅草蛇骨湯。
江戸時代からの歴史ある銭湯ですが残念ながら今年の5月で閉業です。
IMG_9076.jpg

御徒町燕湯。
登録有形文化財施設。朝6時からやってます。
色々ルールがあるようですのでご注意を。
DSC_0163.jpg

鶯谷萩の湯。
ここも朝6時からの営業ですが勝手の良い施設ですので高速バス利用者などにおすすめです。
東京は24時間営業のスパ銭やサウナなどは発達していますが普通の銭湯となると朝風呂の選択肢の幅がぐっと狭くなります。
IMG_9146.jpg

稲荷町寿湯。
今回の湯めぐりでメインだったところ。寿湯と萩の湯は姉妹施設のようです。
IMG_9148.jpg

神楽坂熱海湯。
神楽坂は思い出深い土地なんですが、こんな素敵な銭湯があったとは知りませんでした。
IMG_9149.jpg

外濠では桜が咲き始めていました。
DSC_0172.jpg

学生時代の友達がプチ同窓会を開いてくれました。
昔東京に置きっ放しにしてきた気持ちを少し回収できたような気がする。

ほんとにね、みんな生きてるうちに会っておこうね。
今だから言えるような伝えたい言葉が自分の中にあるように思う。
そして俺が知らなかったような当時の舞台裏の話をもっと聞かせてくれ。

みんなに初めて会ってから30年後の再会。
次も30年後に....っつーのはやめようねw
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年良かったこと集 [私自身のこと]

①行って良かった場所。

色々あったけど一つに絞るとなるとやっぱり登別かなあ。今年は北海道と北東北三県以外の場所には一切行かなかったですね。学生時代の友達に会いにでも東京に行こうかなとは常々思ってるのですが。
IMG_2383.jpg
IMG_2447.jpg


②今年聴いて良かった音楽

今年のマイベスト曲は若手作曲家辻田絢菜さんのCollectionismⅪ/Sidhe for orchestraに決まり!
現代音楽なのに楽しいし可愛い!なんべんリピートしたかわからないほど熟聴しました。

あとフィドル弾きの内藤希花さんが美しすぎてつらかった。同じユニットの城田じゅんじ氏に密かに嫉妬してたレベル。音楽も美貌もどストラクイクすぎ。あんまり書きすぎると私のようなキモヲタが増えそうなのでこれ以上は控えますが、今回の記事のどこかに希花様のご尊顔がありますのでヒマな方は探して見てください。


③ 買って良かったもの

・iPad2018モデル
初代iPad miniを寝モバの友として6年がんばってましたがさすがにスペック的にしんどくなりましたので買い足しです。寝ながらネットするのにはデカすぎるかなと思ったんですがギリギリOKなサイズです。たまに手が力尽きて落とすことはありますが。
IMG_2712.jpg

初代iPad miniは車載iPodとして現在も元気に活躍中です。古い機種は用途を絞って使い倒すに限ります。
IMG_2714.jpg

・Mac mini
MacBook2009midで9年頑張ってましたがメイン機として使うにはさすがに限界。ここ数年欲しいMacがなかなか出ないなと思ってたところようやく納得できる機種が出たということで即決で購入です。コスパ重視で一番安いやつですけどね。
IMG_2715.jpg

CoreDuoのMac miniもサブ機として所有してましたがこれは引退にしました。
IMG_2718.jpg

ポリカのMacBookさん9年間お疲れ様。これからはサブ機として頑張っていただく予定です。
IMG_2717.jpg

・スマホ
10年使っていたガラケーがさすがに限界のためスマホを購入しました。シャープのAQUOS R compactって機種です。私には「手のひらに収まらないサイズの携帯電話は認めない」という考えがありまして、そうなると現状このシリーズぐらいしか思いつかないんですよね。もうスマホはAndroidって考え方でいきます。
IMG_2721.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森周辺漂着ゴミレポート その5(道南編) [地元ネタ]

日本海を北上する対馬海流の一部は津軽海峡で東に入り津軽暖流になります。漂着ゴミがその先どうなっていくのかを見ていきましょう。

①函館市 湯川海水浴場跡地
それなりに漂着ゴミがありましたが自然由来のものがほとんどで中華ものやハングルものは全く見当たりませんでした。ハングルものの飴の包みがありましたが、これは傷み具合から見て観光客が現地で捨てたものだと推察されます。自然ゴミを見た感じでは丹念に整備されてるって感じでもないのでここいらの海を漂っているプラスチックゴミは少ないのでしょうか?
IMG_1854.jpg

IMG_1853.jpg

IMG_1858.jpg

IMG_E1855.jpg

このような看板が立っていたり。
やはり漂着ゴミよりもインバウンド対策の方に力を置いているようです。
IMG_1862.jpg

おまけです。
道南いさりび鉄道釜谷駅の駅舎が可愛い。
IMG_1807.jpg

渡島当別駅の駅舎も可愛い。やっぱ北海道は見るとこ多くて良いね。
IMG_1823.jpg

函館のマンホールのデザインはイカ。
IMG_E1836.jpg

函館山の東側、谷地頭界隈で見かけた「カエルに注意」の標識。
IMG_1837.jpg

そして谷地頭温泉敷地内に鎮座する例の禍々しいブツ。
IMG_1843.jpg
IMG_1844.jpg

函館の海ではあんまりゴミがない印象でしたので津軽海峡を通過するハングルものや中華ものはほとんどないのでは?と思ったのですが、次の訪問地でそうではないことが明らかになります。

②登別市フンペ山周辺
フンペ山を挟んで登別漁港の反対側の海岸。海そのものは大変美しいのですがフンペ山周辺に漂流物が溜まっていました。
IMG_2447.jpg
IMG_2450.jpg
IMG_2453.jpg
IMG_2464.jpg

何故かハングルものは見当たらず。中華ものばかり。
IMG_E2459.jpg

IMG_E2461.jpg

IMG_2463.jpg

この中華もの、無駄に可愛いデザインだなw
IMG_E2457.jpg

ヒドイね...。それにしても何故中華ものばかりなんでしょう?インバウンド関係のゴミじゃなさそうだし、津軽暖流に乗って来たものじゃないのなら太平洋側で操業してる中国の漁船があったりするのでしょうか?北海道も津軽海峡以東ともなると太平洋側を南下する千島海流の影響が強いでしょうし(千島海流と太平洋を北上する日本海流がぶつかるのは三陸沖あたり)色々謎です。私の知識が浅いだけなのかも知れませんが。
IMG_2465.jpg

日本人が現地で出したと思われるゴミも結構目立ってました。登別は大勢の外国人観光客が来る場所ですしキレイにしておかなきゃいけませんよね。外国人を責める前にしなきゃいけないことは日本人もゴミを出さないということです。
IMG_2466.jpg

おまけです。

なんて魅惑的な名前のソフトなんでしょう!思わずかぶりつきました。
IMG_2414.jpg
IMG_2410.jpg
IMG_2413.jpg

登別駅前におけるシュールな光景。
IMG_2443.jpg

ということであくまで素人視点のレポではありましたが、今年行った海岸調査の記事はこれにて終了したいと思います。今後も関心が続いたらさらに範囲を拡げて調査を行うかも知れません。

最後に。日本ではストローばかりを悪者にしているようですが漂着プラごみで圧倒的だったのはペットボトルでしたよ。そっちをなんとかしなけりゃ意味ないよ!







コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森周辺漂着ゴミレポート その4(西海岸編) [地元ネタ]

前回記事に引き続き青森県日本海側の漂着ゴミの調査報告です。
今回は西海岸を南下し秋田県に入ります。

①鯵ヶ沢海水浴場

いつも泳ぎに行く鯵ヶ沢。さすがにここにはねーだろと思いきや。。。
IMG_2122.jpg

IMG_2121.jpg

IMG_2126.jpg

IMG_2124.jpg

IMG_2125.jpg

全体的に整備はされてますが海の底や波打ちぎわにハングルものがちらほらり。ちょっとショックだったなあ。

②深浦町森山海岸
象岩と彼方に見える白神山地。風光明媚な場所です。
IMG_1955.jpg
IMG_1956.jpg

お手洗いの掲示がちょっと面白い。
IMG_1964.jpg
IMG_1963.jpg

全体的にキレイですがここには中華ものがちょっぴり流れ着いてました。
IMG_E1958.jpg

③秋田県八峰町岩館海水浴場近辺
大間越街道を抜け秋田県に入ります。
IMG_1936.jpg

漂流物多しです。同じ日本海でも集まりやすいところとそうじゃないところがあるんだろうな。なんとなく海の水が澱んでるようにも思えました。(素人目で見た印象に過ぎないけど。)
IMG_1938.jpg

IMG_1943.jpg

IMG_E1940.jpg

IMG_E1952.jpg

IMG_E1948.jpg

これ、大分の池田産業株式会社ってところで作ってる高菜のしょうゆ漬けの袋なんですけど、なんで福沢諭吉の「学問のススメ」なのかというと、大分県中津市が生誕の地だからなんだだそうで。やっぱり大分からやって来たゴミなんですかね?誰が捨てたのか知りませんがまさか秋田まで移動してるとは思わなかったでしょうね。
IMG_1944.jpg
IMG_E1945.jpg

④秋田県男鹿市五里合海水浴場
ここいら辺の海岸には漂着ゴミは見当たりませんでした。こまめに整備してるんでしょうね。余談ですが男鹿半島の北側の海岸ってたまに北朝鮮の木造船が漂着したりする場所なんですよね。1981年には男鹿脇本事件なる物騒なスパイ事件があったりと。しかしながら漂着ゴミとは違う分野の話なのでここでは詳しく触れません。興味のある方は詳しくお調べになると良いと思います。それにしてもなんて美しいところなんだろう。。。
IMG_2109.jpg

IMG_2112.jpg

IMG_2110.jpg

「海さゴミ捨てる子はいねがー!」
ということで今年の漂着ゴミ調査は秋田の男鹿半島を南端としました。
次は一気に北の大地、いや北の海の道に向かいます。
IMG_2076.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森周辺漂着ゴミレポート その3(小泊岬周辺編) [地元ネタ]

小泊岬(中泊町)の北側、竜泊ラインの入り口にある折腰内海水浴場です。キレイに整備されており漂着ゴミはそれほど目立ってません。

IMG_1718.jpg

IMG_1719.jpg

IMG_1737.jpg

ここを調べたのは6月19日。海開きはまだ先なのにこんなに手入れをするなんて感心だなあと思ったのですが、なんでもここは毎年ビーチサッカーの会場になっているらしく、それに向けての整備だったようです。

重機でこさえた砂山の中におそらく大量の漂着ゴミが含まれていると思います。
IMG_1744.jpg

こんなブツがねw 

IMG_1735.jpg

物珍しさで主に海外産のゴミを取り上げてますが国産のゴミもすごく多いんですよ。
外国とゴミの件でケンカする前にそこを是正しておかないとうまくないです。

IMG_1724.jpg

おまけ。折腰内海水浴場のすぐ目の前、道の駅こどまり「ポントマリ」にておやつ代わりにミニウニ丼セットを食らうの図。小泊と言えばメバルですが、海岸めぐりしてるうちにどうしてもウニが食いたくなっちゃったんで。

IMG_1716.jpg

次に小泊岬から十三湖方面に南下し脇元海岸へ向かいます。ここは旧市浦村ですが平成の大合併で五所川原市になっています。

IMG_1745.jpg

IMG_1746.jpg

漂流ゴミ以前に海水がよどんでいてなんとなく汚い印象。キャンプ場や海水浴場がある場所なのにこれで良いのだろうか?訪問したのがシーズン前だったからでこれから整備するということなのだろうか?

ちなみにこの場所にはサマーハウスシーサイドというコスパ度の高い海鮮料理を出すお店がありまして、そこのウニ丼もおすすめです。確か2000円もしないんじゃなかったっけか?

IMG_1748.jpg

汚いのは海水だけじゃなかった。あるわあるわ。漂着ゴミのオンパレード。

IMG_1769.jpg

国籍とか関係なくずらっと羅列してみます。おいこら韓国!お前んとこの多すぎだぞ。

IMG_1750.jpg

IMG_1753.jpg

IMG_1754.jpg

IMG_1756.jpg

IMG_1757.jpg

IMG_1758.jpg

IMG_1759.jpg

IMG_1760.jpg

IMG_1761.jpg

IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg

IMG_1766.jpg

IMG_1768.jpg

IMG_1771.jpg

IMG_1772.jpg

IMG_1774.jpg

IMG_1775.jpg

さすがにゲンナリ。
身も心も疲れてしまったので十三湖でシジミソフトを喰らい帰路に就きました。
五所川原市は市浦を併合して海を得たんだからもう少し考えた方がええ。

IMG_1782.jpg


ーつづくー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森周辺漂着ゴミレポート その2(竜飛岬編) [地元ネタ]

前回の記事の中で漂着ゴミが日本全体の問題になっていることに触れました。特に沖縄あたりは酷いらしいですね。

対馬海流が流れる日本海側だけではなく、日本海流(黒潮)が流れる太平洋側にも漂着していることから、これらのゴミは東シナ海の方角から北上してやってくるみたいですね。

ゴミの国籍を考えると日本の太平洋側を南下する千島海流(親潮)や沿海州から朝鮮半島に向かって流れるリマン海流がもたらしているとは考え難いです。

対馬海流は津軽海峡に差し掛かると津軽暖流として太平洋方面に流れ込みますので、津軽海峡の入り口龍飛岬にも漂着していると考えるのが自然です。


余談ですが、こんなことにならないかいつも心配してたりする。
津軽海峡冬景色「♪ご覧あれが竜飛岬、北のはずれと・・・」
下北の尻屋埼&大間崎「・・・・。俺らを忘れてんの?」
心底どうでもいい話ですけどネ。

ということで本州の日本海側の北端の地をざっと見ていきましょう。

IMG_1692.jpg

この日は天候がよく北海道の松前半島の西側に渡島大島がはっきり確認出来ました。
IMG_1645.jpg

日本海側はこんな感じ。なかなかの奇勝です。水平線左側に見えるのは小泊岬。
ではこの下に降りてみましょう。
IMG_1651.jpg

龍飛崎シーサイドパークから海岸線を歩きます。これは湧き水?
IMG_1676.jpg

これロシアもんだよね。
IMG_1674.jpg

国籍は確認出来なかったけど英語表記のもの。
IMG_1669.jpg

韓国もん。
IMG_1658.jpg
IMG_1663.jpg
IMG_1667.jpg
IMG_1668.jpg

中国もん。
IMG_1654.jpg
IMG_1659.jpg
IMG_1661.jpg

ヤクルトのバッタもんかよ。
IMG_1662.jpg

牛乳かな?このデザインは結構好き。
IMG_1665.jpg
IMG_1666.jpg

岬の上からだとほとんど気にならないレベルでしたが、やはり海岸の岩場まで歩いてみますといろんなもんが流れ着いてましたねえ。何やらコヤシのような臭いがしたので近づいてみますとマグロの死骸が横たわっていたりもしました。市場に出ればいい値段が付いたと思うんだけどな。余力があったら津軽暖流ルートのゴミをもう少し調べてみたいです。平舘海峡あたりまでね。

ーつづくー

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新企画 青森周辺漂着ゴミレポート その1(出来島埋没林編) [地元ネタ]

汚い!

何がって私が生息してる津軽の海がさ。
中国語、ハングル、ロシア語とかのペットボトルが海岸に多量に打ち上げられてます。


気づいたきっかけはたまに癒されに行くつがる市木造の七里長浜。

ここの周辺はノハナショウブやニッコウキスゲの群落があるベンゼ湿原や約28000年前のアカマツやエゾマツが拝める出来島最終氷期埋没林があったり、太古の歴史や自然のロマンを感じさせてくれる癒しスポットなんですよ。

なのにゴミまみれなのはいかがなものか?

藩政時代、津軽藩は野呂一族に命じて長年血の滲むような努力で植林し、海風を防ぎ、池沼が多く砂で荒れたこの地に田畑を広げてきた。このままじゃご先祖様にも顔向け出来ないでしょ。ん?でもこれってもしかして七里長浜だけの話じゃないのでは。。。もう少し広範囲に調べてみる必要がありそうだ。

そんな風に思ったものでちょっとムキになって青森や近県の日本海側を中心に現地調査してみました。
今のところ調査済みの地区は以下のとおりです。おいおい更新したりエリアを追加したりしてみたい。

6月2日 出来島埋没林(つがる市)

6月15日 竜飛岬(外ケ浜町三厩)

6月19日 折腰内海水浴場(中泊町)

6月19日 脇元海辺ふれあいゾーン(五所川原市)

7月3日  函館市湯の川海水浴場

7月14日 秋田県八峰町岩館海水浴場

7月14日 深浦町大間越海岸

7月14日 深浦町森山海岸


この記事を見に来た人への一問一答。

Q これらのゴミはどこからきたものなの?

A 専門家じゃないからわかんないけど海外からのブツに関しては付近を航行した船からのものではないのは明らか。なんとなく対馬海流に乗って北上してきたもののように思う。中国大陸や朝鮮半島から来たかもしれないし航行中の船から投棄されたものかもしれない。

Q けしからんな!中韓許すまじ。

A 政治的なメッセージがこの記事の目的じゃないわけでして。水を差すような話だけど日本のゴミが断然多いよ。日本>>>中韓>>>>>ロシア>>マレーシア他アジア諸国といった感じ。隣国のゴミが目立っちゃうのは必然だろな。

Q 見てるだけじゃなくて片付けろよ。

A そうしたい気持ちはなくは無いけど初老の男一匹じゃこの分量は無理。当たり前の話だけど人が集まるビーチとか観光地とかは自治体がキレイにしてるっぽい。

Q で、お前は何がしたいのだ?自己満足かよ。

A そう言われても仕方ない。道徳的政治的側面は心の中に置いておいて、日本の周りの海流が遠くからものを運んでくるという部分のみに着目した。もちろん汚い海よりキレイな海の方がいいよ。そんなんアタリマエ。解決策までは責任もてないよ。


Q 北日本の日本海側だけじゃない。日本中、いや、世界中で問題になってる。マイクロプラスチック汚染とか知っとるけ?

A らしいね。私は環境問題素人だからそういうことに詳しくはないけど、自分の生活している場所周辺の情報を一夜漬けの知識とか解説とか付けずにそのまま載せた方が良心的だと考えた。私が出来るのは目の前の事実の提示まで。

Q 汚染されててる漂着物に触るの危ないよ。
A 危険なものには極力触れないようにはしたけど。。。だから調査物もペットボトルとかが中心になりました。それでもやっぱり危ないかな?今後防護策を考えるかも。

ということで実際に漂流ゴミを見ていきましょう。

出来島海岸ってこんなところです。普段見かけるのは釣り人ばかり。
IMG_1534.jpg


この辺縄文人も暮らしてたのよね。
IMG_1535.jpg

出来島最終氷期埋没林の解説。
IMG_1536.jpg

このところどころ出っ張ってる木が埋没林です。ロマンチック、、、でもないかw
IMG_1555.jpg


埋没林から砂浜に目を向けるとこの有様です。
IMG_1557.jpg

IMG_1556.jpg

近づいてみましょう。危ないものの含まれてますね。この種のゴミは一般人は触れない方が良さそう。
IMG_1547.jpg

IMG_1550.jpg

IMG_1553.jpg

IMG_1560.jpg

IMG_1563.jpg

中華グアバジュース。グアバって果物一度も食ったことないけど美味しいのかね?
IMG_1561.jpg
IMG_1562.jpg


このペットボトルは韓国のだろうけど。。。
IMG_1568.jpg

中国語とハングル併記のもある。
IMG_1573.jpg

裏を見ると浙江省台州市で作ってることが分かる。
IMG_1572.jpg

何もマヨネーズまで海洋投棄せんでもええっちゅうに!
IMG_1567.jpg

AMOS International って香港、上海、シンガポールに拠点がある会社らしいけど。海外旅行とか行く人はこういうドリンクにも詳しいのかな?
IMG_1541.jpg
IMG_1542.jpg

こんな塩梅のゴミ記事を更新の都度書こうと思ってます。興味のある方のみお付合いいただけたら幸いです。たまにキレイな画像などでお茶を濁したりもしますのでお許しください。

ー続くー
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年5月の風景 [地元ネタ]

菜の花(横浜町)
IMG_8046.jpg


下風呂稲荷神社からの津軽海峡(風間浦村)
IMG_8064.jpg


新湯から大湯に下る坂道(風間浦村)
IMG_8055.jpg



りんごの花(弘前市りんご公園)
IMG_1382.jpg


りんごを持つ少女像とりんごソフト(弘前市りんご公園)
IMG_1376.jpg


田沢湖
IMG_1390.jpg


青森県立美術館
IMG_1411.jpg


おかしな看板(五所川原市某所)
IMG_1425.jpg


十和田湖
IMG_1445.jpg


南部屋川柳(十和田市)
IMG_1452-tile.jpg


八甲田城ヶ倉からの岩木山
IMG_1467.jpg


八幡平大深沢展望台からの岩手山
IMG_1482.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

聖地巡礼 恐山2018春 [地元ネタ]

ここのところ2010年公開のアメリカスペイン合作映画「星の旅人たち」(The Way)を観たせいで「俺も聖地に行かねば」という強迫観念に取り憑かれてました。

この映画はスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼途中で亡くなった息子の代わりに父親がその旅を引き継ぎ、その道中3人の仲間を得て徐々に固く閉ざした心を開いていくという話なんですが、このようなロードムービーに最初から興味があったわけではありません。

きっかけは最近にわかファンになっていたベログエト (Berrogüetto)の曲がこの映画で使われているのを知ったからです。ベログエトはスペインガリシア地方のトラッドバンドなんですが、2014年にはすでに解散しちゃってたらしいです。いっつも後追いなんですよ、私って。それはとにかく5月に入ると「ベログエトを聴きながら巡礼したい!歩きたい!」という強い思いにかられていました。

どこに行こうかと考えつつ、自分の中の聖地の定義というのを考えてました。聖地というのは元々は宗教との結びつきが強い特別な場所を言いますが、今年取り壊しの決まった普門館も「吹奏楽の聖地」なんて言われてたり、その人の立ち位置で色んな解釈ができるようです。例えば温泉ヲタクなら草津とか鳴子を聖地にしたって構わないわけです。でも今さら温泉地を聖地にすんのもなぁ...私の場合別の視点も加えておかないと。

というわけで、以下の点を含むものを自分の中の聖地にすることにしました。

・生と死が隣り合わせになっていて、生者が死者と出会えるような場所。

・自分のその時の思いや気持ちを土地に預けておき、それを再訪時に見直すことができる場所。

・荒涼とした風景と清浄な風景が同居している場所。

・何らかの宗教が関係している場所。(ただしその限りではない。)

・良質な温泉があり観光も出来る場所。

ざっと自分に関係したことがある土地を思い返してみたんですが、登別、恐山、玉川温泉、川原毛地獄なんてのが浮かびました。自分の思いを預け回収するとなると今後の人生で滅多に行けないような場所だとダメですし、温泉や観光メインだと聖地巡礼とは言えないし、今回は月並みではありますが恐山を巡礼先にすることにしました。

今後聖地巡礼シリーズを書くとしても温泉ネタに触れることは極力我慢したいと思います。実は恐山は去年の秋に行ったばかりなんですけどね。ブログにもちょくちょく書いてるし。取り上げておいてなんですが今回恐山についてあらためて特筆することは何もないです(おい!w)
以下の画像をご覧頂きながら私の今回の巡礼気分にお付き合い頂いたら幸いです。

IMG_1350.jpg

IMG_1355.jpg

IMG_1360.jpg

IMG_1345.jpg

IMG_8106.jpg

IMG_8072.jpg

IMG_8082.jpg

IMG_8087.jpg

IMG_8098.jpg

IMG_8093.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近のAppleとiPad第6世代の話 [シュミなお話]

以前はApple褒めの記事を書いてたりしてたんですがね、正直最近のAppleには不満ばっかりっす。特にMac。だって余計なことばっかりしてやって欲しいことはしてくれないんだもん。製品リリースの間隔のおっそいデスクトップ型の事はわきに置いておきましょう。ここ数年のMacBookシリーズ、なんなのアレ?薄くすりゃいいってもんでもないだろ。使いにくくしてどーする?USB-Cだけにした事による不便さ、ペチペチキーボード、タッチバーなどという謎機能、その他もろもろ。もうネットでは語りつくされていて今さら私が付け加えることはないのだけれど。

お高くとまってるクセに間抜けなんだよAppleは。ユーザが求めてるものを分かっちゃいないし、言うだけイノベーティブかといえば外してばっかり。その上銭ゲバ。そんなの昔からだって?それは当たってるけど、以前は辛抱強く待ってるとアタリMacや名器Macも出してたの。今はそういうのあまり期待出来なくて悲しい。macOS High Sierraもかなりのバグを抱えてるらしくOSまでが地雷要素。

こちとらもう9年同じMac(MacBook白ポリカ)使ってるからそろそろ買い換えたいんだけど!いっそMacを捨ててThinkPadにでもしようかなとも思ったけど、今さら主要アプリを変えて膨大なデータを取り込みつつゼロから環境作ってくってのもどうもね。一応言っとくけど私は別にジョブズ信者じゃないよ。確かに復帰後のジョブズの功績は大きかったけどジョブズ時代は良かったみたいな老害的なことは言う気はない。ジョブズ復帰前のカラークラシック(1993年)からのMacユーザで、Appleが潰れそうだった時代も一応は知ってる。ここまで付き合ったんだ。今さら引けるかよ。

絶対聞いてはもらえないだろうことを妄想する。

・薄さはもう良いから堅牢な作りにしろ。

・メモリ、ストレージ、バッテリーぐらいはユーザに弄らせろ。

・Magsafe、伝統の光るAppleマーク&起動音は良かったぜ。やめるなや。あと起動音!

・ペチペチキーボードをなんとかしろ。

・USB-Aも付けなきゃLightningケーブル使ってるiOSユーザが困るだろアホ。自分とこで出してるケーブルつなげなくてどうすんの。別売りハブ使えとか言われても不便で醜いだけだろ。つうかそういうのに気づいてるだろ正直に言え。


こんなモヤモヤ感があって新しいMacBook製品には手が出ません。MacBookAirがディスコンになったりMacBookと統合したりせずまっとうな形で進化してくれたら検討します。多分私と同じ事を考えてる人は結構いるのでは?

さっきも書いたけど、ハナにつくような意識高い系アピールと銭ゲバのせいでアンチも多いAppleが、たまに名作を出したりもするんですよ。PowerBookG3(Pismo)なんか2000年に発売された製品なのにうちじゃ未だに現役です!OSはMacOS10.3Panther。たまにクラシック環境でMacOS9を立ち上げたりもします。私にとっての名器とは手を加えながら末長く使えるマシンなんです、はい。

散々Appleへ不平を言いましたけど、今年発表された製品で「こりゃいい!絶対コスパ良いやつや!」と判断して即買いしたものがあります。それが今回のもう一つのお題のiPad第6世代です。前回の弘前さくらの記事の最後で「iPad第6世代で撮影した」とわざわざ断っていたのはiPadをデジカメとして使えるかという課題に取り組んでいたからなんです。温泉ブロガーやってたころは防水でなきゃだめというのがあってコンデジで撮影してたのですが、もうデバイスを増やすのめんどくさくて全部統合しようかと。そんなたいした写真を撮るわけでもないですしね。弘前のさくら、キレイに撮れてましたでしょうか?

iPadを買うのはこれで2回目です。前回のiPad購入記は「iPadmini16Gを購入しセコくかつ実用的に使用すの巻」に書きました。もう5年半同じiPad使ってたわけです。まだ使えるけどさすがに遅いので買い足しです。買った当日からかなり酷使してます。こりゃ良い買い物でした!

今までiPadminiでしたので寝モバの時重く感じるのでは?と心配でしたが、このように片手でも持てるしそんなに重くも感じませんでした。左手で持って親指スクロールも可能でした。(人によるでしょうけど。)
IMG_1361.jpg

Apple Pencilが使える第6世代ですが、私は絵を描かないので100円ショップのタブレット用ペンで十分です。メモ用にと思ったのですが、結局紙に書いたのを撮影する方が手っ取り早く、おそらく今後もほとんどペンを使う場面はないでしょう。
IMG_1364.jpg

このままカバーとか付けず裸のまま使うけど、外に持ち出す時の入れ物ぐらいは欲しいなと思ってたところちょうど良いのがうちにあった!懐かしのネットブックEeePC701のオマケソフトケースがピッタリでした。Apple製品をASUSロゴの袋に入れて持ち歩く。なかなかナイスな嫌がらせだw
IMG_1365.jpg
IMG_1366.jpg

ちなみに充電アダプタはiPadmini用の5Wのをそのまま使ってます。付属の12Wの方が速く充電が終わるのでしょうけど、末長く使うためバッテリーに負荷をかけたくないというのがありまして。私の使い方だと約半日で要充電になっちゃいますね。家にいる間はほとんど傍にありますから。

あたらしいiPadを買ったらすぐ入れたかったアプリがコレ。SOUND Canvas for iOS。MIDI音源の名器ローランドSCシリーズの復刻版です。パソ通(NIFTY FMIDICLA)時代収集しまくってたMIDIデータを時代を超え再生出来、感涙にむせいでおります。もう20年ぐらいになる?あの頃は若かった。
IMG_7729.jpg
IMG_7730.jpg

こんな感じで出会って3秒で合体じゃねえや、買って即現役になってくれるようなお手頃Mac、期待してますからね、Appleさん!一応あと半年は待つ。今のが壊れたら別だけど。iPhone?今使ってるガラケーが死んだら検討するけどSE2次第かなぁ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -