So-net無料ブログ作成

青森競輪場で葵萌輪に振られる [地元ネタ]

朝流れる青森競輪場のCM。
「ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!!」
この台詞をしゃべってるのは青森競輪場マスコットキャラ葵萌輪(あおいもりん)。

正直これが流れるとイラっときます。「なんでやねん。お前萌え系嫌いじゃねーだろ?」といぶかる節もあるかも知れませんが、これを耳にするのって血圧を下げるお薬を飲む時刻なんですよね。要は私が不健康なだけって話しなんですが。。。

で、今日夜勤明けにその青森競輪場に行って来ました。私は競輪には興味のない人間なのですが、マーク★プンタさんの「青森競輪場温泉」の記事に感化されちゃいまして。正直「俺はお湯に用があるのであってレースのチケットはあくまで入湯券がわりよ」というスタンスです。熱心な競輪ファンの皆様申し訳ございません。

例の葵萌輪ちゃんに出迎えられて競輪場に入場。
DSC00947.jpg

その手のマニアの方にはたまらないのでしょうかね?個人的には「萌えーっ」っとくるほどではなかったです。
DSC00949.jpg

「俺って場違いだよねw」と感じながら湯カゴを持ってその辺をウロウロしてますと、係員さんに「すみませーんお客さーん!」と声をかけられました。一瞬ギクっとし「アレ?なんか失態でもやらかしちゃった?」と振り返ると、「今日は温泉やってない日なんですよー。今日はミッドナイトの日ですので浴場は選手専用でして。申し訳ございません!」とのこと。

競輪に疎い私には意味が分からなかったのですが、要は今日は一般入浴を受け付けない日のようです。その後、ゲートの方に案内され「このカレンダーの温泉マークの付いてる日でしたら大丈夫ですので。」との説明を受けました。帰宅後、青森競輪場の公式サイトで確認しましたが、WEB上のカレンダーにはその温泉マークは入っていないようです。ミッドナイト競輪以外のレース日ならOKってことかしら?

場内のカレンダーもWEB同様温泉マークは入ってないです。ゲートで入浴可能日のメモを取るのはちょっと恥ずかしいなぁw
DSC00950.jpg

そんなこんなで日頃の葵萌輪ちゃんへのつれない態度が祟ってか、隠れた名湯として評判の青森競輪場温泉へは入湯ならず...でした。

せっかく青森市まで来たので、いつものさんない温泉で硫黄臭を身にまとって帰宅しました。
DSC00951.jpg

追記:ツイッターでのおしゃべり仲間のSEIKOさんに指摘していただいたのですが、公式サイトにちゃんと温泉マークのカレンダーがありました。

これですね。

青森競輪場 温泉・イベントカレンダー(4月~6月)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前公園の桜 2014年4月28日 [地元ネタ]

本日の弘前公園のさくらの様子を10枚、いえ20枚うpします。見頃はおそらく今月一杯。まだのひとはいそげー!

DSC00817.jpgDSC00816.jpgDSC00813.jpgDSC00811.jpgDSC00798.jpgDSC00797.jpgDSC00789.jpgDSC00788.jpgDSC00786.jpgDSC00783.jpgDSC00781.jpgDSC00780.jpgDSC00777.jpgDSC00767.jpgDSC00765.jpgDSC00762.jpgDSC00760.jpgDSC00755.jpgDSC00751.jpgDSC00748.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前市 げんこつ屋のチャーシュー麺を食べてみる [地元ネタ]

まずはようつべの動画を一本。

モンちゃん!弘前巨大チャーシューメンを食べる!


モンちゃん可愛いですよね。彼女に感化され今更ながらげんこつ屋に足を運んでみました。弘前市民の間じゃ有名店なんでしょうが、私こういうのに疎いんですよね。場所は泉野のパチンコTOMATO720の前あたりです。

P2060002.jpg
P2060001.jpg

チャーシューメン950円(平日10食、休日15食限定品)到着。見た目すごいインパクトありますが、チャーシューをはがしてみますと普通のラーメンが顔を出します。ややぬるいスッキリスープの食べやすいラーメンです。チャーシューの分量が多いので食べきれないかと思ったんですが、トロトロお肉で麺を包んで頂きましたらあっという間に完食しました。味付けがくどくないのがいいんでしょうね。
P2060003.jpg
P2060005.jpg

チャーシューは、このぐらいながーーーーーいです。
P2060007.jpg

最後にまたモンちゃん動画。
モンちゃん!青森を卒業!!アレックス・ルー「明日に架ける愛」


ネットの愛国聖戦士様じゃないからあえて言うけど、こういう民間交流って素敵だと思うんだよね。最近最悪の日中関係だけど、お互いケンカするにせよ実際日本に来てもらって実情を知ってもらうのが一番いいんじゃないのかな?だから温泉地に中国語表記があっても別に良いじゃんと思うのが私のスタンス。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

もげる夢のお話 [私自身のこと]

一日の活動の中で一番楽しみなのは睡眠中の夢だったりします。シュミに没頭してる時や温泉に浸かってる時以外はあんまり楽しくないもんで。。。齢40を過ぎますと友達と会う時間もなかなか取れず、夢の中でしか会えなかったりします。昔好きだった女の子に会う夢ばかりだったら良いのですが、あんまり好きじゃなかった奴が登場したりすると、それだけで損した感じになりますね。

私の夢は結構パターン化してておおむね、ビューティフルナイトメアの巻で書いた通りです。軽度抑うつだった時期には、弘前が宇宙人に侵略される?の巻みたいな突飛なのも見ましたけど。

内容的にはそんな感じなんですが、その時の心身状況によって夢を見ている時に次の要素が加わることがあります。

①金縛り
私には霊感が全くありませんので、心霊的なものじゃないはずです。耳鳴り、動悸、右脇腹の締め付け感が伴いますのでおそらく病的なもんなんでしょう。これって睡眠時無呼吸症候群か何かじゃないかしら?喫煙者だし。もしかしたら寝ている時の体位が心肺に負荷をかけているのかも知れません。心臓に負担のかかる左側臥位の際、血圧が高くなっているようにも感じますし。

②身体の一部がもげる。
これ、近年結構増えてきて気になってるんです。一番多いのは歯がボロボロと抜け落ちてしまうというもの。数本だけ抜けるだけというようなナマなもんじゃなく、一本抜けると次々に抜けて、抜ける歯がなくなると今度は歯茎まで取れてしまうという豪快なもんです。気になってネットで調べてみますとあんまり良いことが書かれてないですね。近親者との別れの暗示とかお金がなくなってしまう暗示とか。ちなみに虫歯とか歯ぎしりとかは関係なさそうです。

その他には指、手首、足、男性自身などが取れてしまうことがあります。で、不思議なんですが、取れた部分にくっけてみると、元通りにはならないけれど一応はくっつくんです。昨夜は自分の頭がもげるという夢をみたんですが、頭を胴体に帽子をかぶるみたいにくっつけてみると、一応死なずに済みました。ただ、つなぎ目は縫い合わさってないので、頭がズレないように両手で支えながら歩かなければならんという、なんとも珍妙な経験でしたw 首が取れた時の視点は胴体側にありまして、自分の頭、とりわけ頭髪の量をつぶさに観察したりしてました。自分が気付いていないハゲなぞ発見してがっかりしたり。(うう、こうやって書いてみるとなんか気分悪くなってきたw)これは何を暗示してるのだろう?。。。

ちなみにモゲ夢の際、血は吹き出ず、痛みもそれほど感じないですね。

③あと多いのは全裸で屋外活動するという夢。私には露出シュミはないですし、夢の中でハダカで居る時は正直羞恥心でいっぱいです。決して願望なんかじゃないですからね!

その時の精神状態と身体状況が複合的に作用してるんでしょうね。やっぱり上記みたいなヘンな夢よりか幸福な夢の方が良いですな。その為にも健康健康。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アラウンドミドル雑感 [私自身のこと]

私は人に年齢不詳の御仁とよく言われます。そんな時、今までは「アラフォー男ですよ、アラフォー!」と回答していたのですが、昨日誕生日を迎えたことで、残念ながらアラフォーを卒業してしまいました。アラフォーの範囲は35〜44と結構幅広いので色々ゴマカシが効いて助かってましたが、今後はそうはいきません。30代のころは自己暗示で2年年齢を若くサバ読むことにしてました。というのは私は2浪して大学に入ったので実年齢よか学年が2コ下になるからです。高校の同期に会うときは別ですが、それ以外のときは「私の年齢=2コ先輩」と勝手に読み替えていました。それが出来たのも初期アラフォー時代の話し。アラフォーも中期を過ぎますと、肉体が年月に正直に反応しどんどこどんどこ老いを実感するようになってしまいました。具体的には記憶力、持久力、眼病、メタボ、肝機能、頭髪、白鼻毛、そしてオトコのヒトのお台場etc...

今までは「今よりよりよく生きたい」ということを人生のテーマに出来ましたが、これからは「今より悪くならないように生きなければならない」という悲しいシフトチェンジをしなければなりません。向こう10年先のことを考えると暗澹たる気持ちになります。緑内障が進んで車の運転が出来なくなるんじゃないか?とか、肝機能障害で療養しなければならなくなるんじゃないか?とか、このまま一生女の人と仲良しにならず人生を終えるんじゃないか?etc...

そんなことばかり考えても無意味なのはよく分かっています。人間あるように生き続けるしかないのですから。でもこんな風にも思います。「今の自分がこうならば、今一番したいことを我慢せずにしちゃえばいい。明日の自分に出来るかどうか分からないから。」そう思えば、人生の時間の使い方が上手になるようにも思います。今一番したいこと?そうだなぁ。。。温泉巡り以外になんかあるだろうか?欲しいものも最近はあんまりないよね。デジカメそろそろ買い替えようかしら。ブログにうpする写真が汚くて仕方ないから。え?こんな現実的でミミッチイことが自分のやりたいことなの?こんな風に未来よかゴールを見るような生き方は寂しい限りですね。でもそれが後半の人生というものなのかも知れません。

どうでも良い話しばかり書きましたが、最後に今日ちょっとショックだった逸話を。

同僚M「おめ、昨日夕方6時頃何してたば?」
まんぞう「え?公休だったし一日中寝てたよ?(ツマンネエ誕生日だったわ)」
同僚M「その時何か念じてねがったか?」
まんぞう「どういう意味?」
同僚M「夕方6時頃おめが会社のドアから中さ入ってぐの見かけた!」
まんぞう「えええええええ????」

同僚Mは色々その手のモノを見る能力があるらしいのですが、まさか私の生霊様が外を出歩いてるとは思いもしませんでした。その時間帯は睡眠していたのですが会社のことなんてひとっつも夢に見てませんでしたけどね。つうか「あー会社行きたくねえ!ストレスマックス!」ってこと以外仕事のことなぞ全く考えずに眠り惚けてましたから。一日中寝てて印象に残ってた夢は、「目覚めたらいつのまにか鳴子温泉駅前にクルマで到着してた。」というものでした。二番目に印象に残ってたのは学生時代好きだった女の子と楽しい高校生活を送ってるというもの。幽体離脱するような要素はイッコもないんですけどどうして〜!おいこら俺の魂、外で勝手なことすんな。

一つ分かったこと。人間の意識と魂って全く別もんなのかも。だって俺の意識と出社した俺の生霊とまったくリンクしてなかったんだもん。リンクしてるんだったら、昔好きだった女の子の部屋に「どしてらべ〜」っと遊びに行くっしょ、常識的に考えて。





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆうれい展を観る(2013) [地元ネタ]

毎年お盆時期に楽しみにしてるギャラリー森山のゆうれい展。去年も書きましたが怖がるのが目的じゃなく可愛い女性の霊に逢う為に足を運んでます。今年は2Fで人形も展示してます。幽霊限定という訳じゃなくオバケっぽければOKという感じですね。何故か妖怪変化に混ざって、我らがゆるキャラたか丸くんの人形が飾ってありました。頭に天守閣をかぶってる鷹というのはこの世には存在しないわけでまあオバケといえばオバケですなw。このコーナーでの一番のお気に入りは人魚の人形(w)でした。とてもエロくってベリーグッド。思わず「これ欲しい!」とつぶやいてしまった程。確かこんな感じだったと思うのですが、この絵じゃ人魚様の素晴らしさが全く伝わりませんですので世の殿方はお早めにギャラリーの方へドゾ。
2013-08-17 15.00.08.jpg

肝心の幽霊画ですが、今年はチケットに掲載されてるこの娘が優勝でしょう。チケットの画像じゃ分かりづらいですが実物はマジで可愛いです。こんな幽霊なら年中ウェルカムですな。去年書いた「返魂香之図」(伝円山応挙)の子はまた別格、ってか殿堂入りですけど。
2013-08-17 14.38.14.jpg

毎年少しずつではありますが新作が展示されてます。今年は21日までやってるそうですので、夏の思い出の1ページに足を運んで見てはいかがでしょうか?

追記:よくよく考えてみると人魚が立ってるというのもおかしな話。もしかしたらアレただの裸婦だったかも知れません。腰巻きが足下でヒレのようにひろがってるのを見てそう錯覚したのかも。まあいずれにせよエロかったですわ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミサ様逝く〜中山絵梨奈讃 [シュミなお話]

「ウィザードの見所はミサ様のご尊顔のみの巻」の続きとしてお読み下さい。

この一年メデューサファントムミサ様の美しさを愛でるだけの目的で仮面ライダーウィザードを観賞し続けてきました。ツイッターでは毎週のように「ミサ様は美しい」を連呼し、Macの壁紙を国仲涼子様からミサ様に変更するなど、重度のファンになっておりました。ミサ様の双子妹の真由ちゃん登場でよりいっそう重度化が進行し、真由ちゃん初変身の回では思わず失禁しそうになるほど身震いしたものです。(だって美しさマシマシなんだもん。ふたごなんて反則だよw 両方好きになるしかねーじゃんよ。ふたご抜きにしても、真由の変身は歴代の女性ライダーの中で最高に美しいと思う。変身後はもしかしたらワーストかも知れんが(苦笑))

このようにミサ様LOVEな一年でしたが、今回の第47話でついに逝ってしまわれました。振り返ればミサ様は悪事のためではなくワイズマンへの愛のために戦っていました。ゲキレンジャーのメレ様風に言うと「ワイズマン様の愛のために生き、ワイズマン様の愛のために戦うラブウォリアー!メデューサファントムのミサ!」といった感じです。その無償の愛は裏切られ、絶望の内に消えていってしまったわけですが、その最期の涙はファントムではなく人間に近いものだったのでは、と推察いたします。

悲しくてせつなく、はかなくて美しいミサ様の最期。私の心の中にずっと刻まれることと思います。今回の中山絵梨奈さんの演技はブラッディマンデイの徳永えりさん以来の衝撃でした。物語の中ではまだ真由ちゃんがいます。残り4回をしっかり見届けたいと思います。そしてこれからも中山絵梨奈さんをずっと応援していこうと思います。

名称未設定.jpg

名称未設定2.jpg

名称未設定3.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MacBook白でXubuntuを飼育する(VirtualBox導入編) [シュミなお話]

現在メインで使ってるMacBook白にXubuntuを入れてみました。

ちなみにスペックはこんな感じ。
CPU:Intel Core2Duo 2.13Ghz
メモリ:4G
SSD:120G
山ライオンで運用してますがこれ以上の強化はしないつもりです。ぶっ壊れるまで使うつもり。
03.jpg

こいつにUbuntuを入れるにあたって例に寄って外付けHDにインスコしようと思っていたのですが、ブートローダ領域のパーティションを切ってrEFItを入れる作業がめんどくさく、(こちら参照)早々に妥協し、仮想マシンを導入してそこに入れることにしました。昔、「MacのなかでWindowsを飼育する」 という記事を書いたことがありましたが、 その時買ったVM ware Fusion2はとっくにサポート切れ。山ライオン導入とともにXPもろとも闇に葬り去りました。自宅ではWindowsを使うことはあまりありませんのでこれはこれで問題なしです。もったいない気がしないでもないけれど同じことするのにまた最新版を追加購入するのもいやですし。今回VM wareの代わりに入れたのはVirtualBoxです。これオラクルから出ている無料の仮想化ソフトなんですが、最近まで存在すら知りませんでした。OSと仮想化ソフトの両方が無料とは随分良い時代になったものです。

VirtualBoxインスコ後、Macの中に仮想マシンを作ります。HDサイズはケチって20Gほど。メモリは山ライオンとのバランスを考えて2Gほど。あとは普通にDVDからUbuntuをインスコしてそれで終了です。案の定、素のUbuntuじゃUnityがくっそ重い。素buntuは使わずに、Xubuntuデスクトップで運用することにしました。LubuntuはXPの操作性そのままだし軽くて良いのですが、なんとなく不安定な感じがします。Xubuntuなら少しは堅牢かなと期待し導入した次第です。こっちはOSXの操作性に近い感じ。試しにLubuntuPPCが入ってるPowerBook(Pismo)でテストしてみましたが、恐ろしく重い(アタリマエだろw)他は特に問題なさそうでした。

01.jpg

仮想マシンを起動するとこのような画面が出て...
2013-05-26 00.08.21.jpg

こいつがXubuntuのデスクトップです。ミサ様はXubuntu上でも美しい。Xubuntuってズブンツと読むんですと。派生ディトリが色々あり過ぎてインスコヲタになっちゃうのも分かる気がするw
02.jpg

まだ弄り始めなんですが、親OSと飼育OS間でのデータのやりとりの敷居が高そうです。USB機器を使う時色々めんどくさいっぽいみたいです。(VW wareと比較しての話しですけど。)今の所MacOSとUbuntuとのデータのやり取りはDropBox一本にしてます。ホントは容量デカイUbuntu Oneに一本化したいのですが、何故かOSX用のUbuntu Oneアプリ4.0.1が私の環境では起動しません。(iOSアプリなら大丈夫です。)Ubuntu OneのデータがMacで見れたら楽なんだけどなぁ。ちなみに私、iCloudはあまり使ってないです。使い勝手もですけどAppleに囲い込まれ過ぎるのはアレなんじゃないかと。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PowerBookG3にLubuntuを入れてみる(活用編) [シュミなお話]

PowerBookG3にLubuntuを入れてみるの巻後編です。
なんとかPismoへのインスコに成功(?)したLubuntu12.10ですがなんかやたらエラーダイヤログが出ます。古いマシンだと色々不安定なんでしょうね。苦笑いしながら俺環境作りに取りかかることにします。

取りあえずwifiの設定の見直しをしたのですが、どうしてもAirMacExpressにつながりません。wifiネットワーク自体は見えているのですがWAPキーのパスが通らないのです。やはりAirMacカードの仕様でしょうか。いつまでもここに構っていられないので妥協して有線で繋ぐのが吉と判断します。AirMacExpressにはLANポートがひとつしかついておらず、そこから使うマシンによっていちいちケーブルを抜き差しするのはいかにもメンドウですし、メインで使っているMacBookのためにも空けておきたい。そこで、Pismoの隣に鎮座してるMacminiにLANケーブルをつなげ、Mac標準のインターネット共有でネット接続をお裾わけしてもらうことにしました。AirMacExpress(wifi)→Macmini(有線)→Pismoです。

ブラウザは動作が軽快なChromiumを使いたかったのですが早々に挫折しました。インスコしたくともLubuntuソフトウェアセンターがまともに動かない。起動はするのですが、ほぼフリーズ状態です。やはり須藤さんに頼むしかないと sudo apt-get install Chromiumしてみたのですが、どうやらPPCに対応しているのは存在しないとのこと。ということでPismoにはいささか荷が重くはありますがFireFoxを使うことにしました。取りあえずようつべを閲覧してみますが...

2013-05-14 19.09.30.jpg

素の状態では案の定駄目。しばらく待つと紙芝居のような感じガクガクと動画が始まりますがこれでは実用的とは言えません。須藤さんにFlash Playerを探してもらったけど「このマシンで使えるブツはなかったよ(意訳)」とのことでした。だよなあ。だいたいMacOS10.3でだってつべ観るの難しいもん。
2013-05-14 19.09.48.jpg

「じゃあローカルにある動画ファイルとかDVDを観るのはどうなんだい?」と慣れてるVLCをインスコしましたが起動にすら至りませんでした。LubuntuにはGNOME mplayerというのがあらかじめ付属してましたが使い方が全く分からず色々やってみたけど歯が立ちませんでした。やはり妥協ですね。DVDを観たければMacOSを起動するべし。
2013-05-14 19.02.19.jpg

音楽鑑賞はどうか。らじるらじるmumixは先に述べたようにFLASHが使えないので観賞不可です。LubuntuPPCにはAudaciousという再生アプリが付属してますが、これが悪くないが良くもないという平凡なものでしたので、EeePCで活用しているRhythmBoxをインスコしておきます。この二つのアプリで日常聴いてるmp3ファイルを試聴しましたところ、「なんだかiTunesに比べると音悪いなぁ。」という感想を抱きました(だったら素直にiTunes使ってろやというツッコミは無視。)バグかスペック不足かよく分かりませんけど他にも色々不具合が。まずRhythmBoxですがなんと曲の連続再生が出来ません。それとアプリを問わずLineOutと内蔵スピーカーの選択が不安定です。外部オーディオ機器と内蔵スピーカーが同時に鳴ったりすることがあります。
Linux玄人の人にこれ読まれたら「man hoge」とか、「ggrks」とか、「そもそもLinuxで音楽再生させる意義は何?」とか、「マシンを窓から捨てろ」とか色々言われそうだなあ(苦笑)

それでも昔に比べたらLinuxコミュニティーは随分マイルドになったなーという印象です。Ubuntuの日本語フォーラムを見ますと昔のニフティの電子会議室みたいな感じで懐かしさすら感じます。皆さん親切。興味をお持ちの方はUbuntuをお使いでなくとも【Ubuntu日本語フォーラム 利用規約】およびCode of Conduct(行動規範)に一度目を通してみて下さい。オンラインのみならず現実社会においても大事なことがたくさん書かれています。全人類がこの通りに行動したら世界は平和ですよ。
ということで音楽鑑賞はちょっと気になる点はあるけど一応実用レベル。引き続き色々やってみることにします。

2013-05-15 22.57.44.jpg
2013-05-15 23.03.25.jpg

画像関係ですがシンプルスキャンという付属アプリがついてるのは地味に助かりました。ウチにあるスキャナはCanon676UというMacOS9で稼働するいにしえの機種なんですが、あっさりと認識してくれましたもので。これでいちいちMacOSからクラシック環境立ち上げなくてもオKに。
2013-05-15 23.01.12.jpg

おまけ(CUI入門)
今までMacOSのぬるま湯に浸ってきてCUIでパソコンを操作したことはほとんどないのですが、Linuxを使う上でコマンドは避けて通れません。食わず嫌いせず少しずつ使って慣れて行けばいいのでしょう。取りあえず昨日ターミナルを使ってやってみたことです。

お題:右クリックボタンのないMacのトラックパッドで右クリックをエミュレートする。(control+クリックを実現する)

①須藤さんに頼んでmouseemuというアプリを入手する。
②須藤さんになって設定ファイルの置いてある/etc/default/mouseemuに移動。
(いわゆるCDコマンドですな。ディレクトリを移動したらlsコマンドで中身を確認。今の所このくらいの知識しか持ち合わせてません。)
③nanoという比較的ビギナーにも敷居の低いエディタを起動して設定ファイルの中身を見る。このアプリ良いね。
④この中の
#RIGHT_CLICK="-right 29 272" # Left Ctrl + click

RIGHT_CLICK="-right 29 272" # Left Ctrl + click
と書き換える。
⑤保存して再起動
⑥右クリックのエミュレート完成。(2ボタンのマウス使えやというツッコミはなしで)
2013-05-15 23.04.27.jpg

ところがですね。今これを書きながら昨日やったことの復習をしようと/(ルート)に置いてあるファイルを見ようとしたのですが出来ないのですよ。ググってみると須藤さん権限でCDすんのが出来ないという記事が散見。だって昨日は出来たんだよ。なんでえ?w

もしかしたらこの入門シリーズ続けるかもです。俺レベルの人も世の中にはいるかも知れないし。
コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

PowerBookG3にLubuntuを入れてみる(導入編) [シュミなお話]

先般EeePC701SDにUbuntuを入れたのに味をしめ、今度は西暦2000年発売の老兵PowerBookG3(Pismo)にLubuntuを入れてみました。「PowerBookG3 Pismo最終強化す」の巻以降、今ひとつこのMacには役割を与えることが出来ず今日に至ってました。しかしこの機種には個人的に非常に愛着がありまして、ちょっとやそっとじゃ引退させる気にはなれなかったのです。「出来ないことは割り切りつつメンテしながら末永く使いたい。ならばLinuxではどうか?」と思いたち今般インスコに至った次第です。結論からいいますと現在PismoでのLinux活用は非常に多難な道を歩んでおります。ですけど、なんだか楽しいですw(こどもおとなですのでね。)

ちなみに今のウチのPismoのスペックはこんな感じです。
CPU:PPCG3、400Mhz
メモリ:1G
HD:IDE120G
MacOS10.3.9
光学ドライブ:スーパードライブに換装済み
最新のUbuntu系を入れるにはちょっとキツそうですなw

PPCのMacで動くディストリはいくつかあるようですが、どれも入れるのには苦労しそうです。何せ私はLinuxに関しては全くのビギナー(つうかぱそこん自体あんまり詳しくない)ですもんで、スキル的にインスコ段階で挫折しそうなもんは却下です。単純にUbuntu系で探しましたところ、こちらにてPPCで動くLubuntuを発見。lubuntu-12.10-desktop-powerpc.isoをダウソしDVDに焼きます。 (今時のLubuntuは寸の関係でCDROMには入りませぬ。あ、念のため確認ですがDVDにはファイルのコピーじゃなくて起動ディスクの作成=ISOイメージの書き込みです。Macな方はディクユーティリティーでやれば良いでしょう。あと古参の方はご存知でしょうがPismoはUSBポートからブート出来ません。しかも搭載されてるのは今は懐かしきUSB1.1。ウチの場合PCカードスロットにUSB2.0カードを刺してますが電力の関係かすごく不安定です。)

optionキー(もしくはcキー)を押してさっき焼いたDVDからPismoを起動。するとMacさんにするかペンギンさんにするか選ぶ画面になりますのでペンギンさんを選びます。
2013-05-15 19.35.24.jpg

LubuntuLive版が立ち上がります。これが恐ろしいほどに時間がかかります。途中でbootを求める行がありますが、そこは迷わずreturn。
2013-05-15 19.36.04.jpg

Pismoが400Mhzの脳味噌で考えてるところ。ここは待ちましょう。
2013-05-15 19.38.14.jpg

途中画像が乱れたりブラックアウトっぽい所作がありますが、焦らずコーヒーを飲みながら待ってますとやっとのことでLubuntuのデスクトップが現れます。インスコ用のアイコンが左上にありますのでとっととクリック。インストールに取りかかります。
2013-05-15 19.41.43.jpg

日本語を選択し次へ。
2013-05-15 19.45.22.jpg

ここでプチ挫折。なんとディスク容量が足りないとな。んなワきゃねえべとディスクアプリを開いてみましたところ、どうやら内蔵HDDがマウントされてないようです。それとwifiからインターネットにつながりません。そういや第二世代のAirmacExpressにルータを新調した際にPismoだけWAPキーが使えずガッカリしたという記憶が。内蔵AirMacカードが古過ぎるのかね?悩んでてもしょうがないので、内蔵HDD(MacOS入り)はほっといてFirewire対応外付けHDDにインスコすることにしました。で、ネットの方は取りあえずLANポートから有線で。コードの抜き差しがめんどくさく気持ちが折れそうになりますが、ここは諦めずに続行。
2013-05-15 19.52.27.jpg

2013-05-15 19.53.40.jpg


なんとかインスコを終了させ萌えるデスクトップにしたのがコレです。ミサ様はPismo上でも美しい。Firewire外付けHDDからの起動で3分以上かかかりますw ご多分に漏れずデスクトップの操作はイヨ〜にもっさりw(「使えないことはない」と「使いもんにならない」の境界線あたり。そこの基準は人に寄りますけどね。)
2013-05-15 21.09.58.jpg

するとなんとさっきまで見えなかった内蔵HDDをちゃんと認識してるではないですか?どういうこっちゃ???
2013-05-15 20.22.08.jpg

その後「こまけえことはいいんだよ。さっさと使えるようにすんべ。」と勇猛果敢にいきましたがそうは問屋がおろさなかった(アタリマエだ)、その辺の話しは後編(活用編)にて書きたいと思います。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感