So-net無料ブログ作成
検索選択

青森県立美術館 「成田亨展」 [地元ネタ]

青森県立美術館で開催されている成田亨展を観に行ってきました。

DSC04822.jpg

入り口付近にディスプレイされてるTDF PO1=ポインター1号(ウルトラセブン)。
DSC04824.jpg
DSC04825.jpg
DSC04826.jpg
DSC04839.jpg

出口に展示してあるものは撮影OKでしたのでここに紹介しておきますね。

造形作家・清河北斗氏による「ブランカー」(突撃!!ヒューマン
DSC04829.jpg
DSC04833.jpg

ウルトラマン。成田亨氏の描くウルトラマンにはカラータイマーはありません。何故なら宇宙人の肉体に機械的なものが付いているのはおかしいという考えからだそうです。展示でウルトラマンデザインの初稿というのを観たのですが、ヒーローとは思えないほどブキミなものでしたw
DSC04832.jpg

ウルトラセブン。セブンの初稿もありましたが宇宙人というよかロボットという感じでした。
DSC04830.jpg

突撃!!ヒューマン&バルタン星人。
ちなみに突撃!!ヒューマンの裏番組は仮面ライダーでオンエア時苦戦してたみたい。
DSC04834.jpg

ピグモン&カネゴン。
展示してある絵画で一番好きだったのは裸婦を後ろから覗いてるケムール人。
可愛くて思わず笑っちゃったw
DSC04835.jpg

これは何でしたっけ?MU/ネクスト?よく確認しておけば良かった。
展示物すごく多かったんですよ。
DSC04831.jpg

麻雀放浪記で使用した上野廃墟のジオラマコーナーもありました。横にスライドして動かすカメラが用意されており、モニターで上野の風景を映して観ることが出来るようになってましたもんで、カメラの前に手をかざして「エヴァ初号機暴走!」とか言って遊ばせてもらいました。

私は特撮ファンなので今回足を運びましたけど一般の人にも十分楽しめる内容になってます。特に神話に出てくる怪物の絵画は興味深いです。5月いっぱいやってますので興味のある方は青森県立美術館 までドゾ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

国仲涼子様おめでとうございます [シュミなお話]

私の永遠のマドンナ国仲涼子様が向井理さんと結婚

おめでとうございます。

ちくしょ...

私が所有しているIT機器、全部壁紙が涼子様なのだが今後どうしたらよかろうか?

余談ですが、個人的に向井理さんの演技で印象に残ってるのは、のだめとバンビ〜ノ!とメイちゃんの執事ですね。特にメイちゃんの執事は今観ても結構おもろい。特撮ヲタク的に。カブトVS電王のMADは今でもたまに観て楽しんでます。SPEC劇場版ではセカイとかいうラスボス演じてたけど、厨二病丸出しでよーわからんやつだった。

さて、今後は誰ファンを標榜しようか。。。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前市 マルミツ食堂に(ひとりで)入ってみる [地元ネタ]

私は単独行動主義者でして、一人焼肉、一人お寿司、一人海水浴、一人子供映画など軽くこなします。しかし他人とは一緒に入ったことがあるにも関わらず、一人では入りにくい店というのもありまして、マルミツ食堂もそんな感じのお店です。今夜意を決して一人マルミツにチャレンジして参りました。

場所は弘前の樹木の坂を登りツタヤを過ぎたところにある薬王堂の斜め向かいです。ここは安くて美味しいと評判のお店ですのですでにたくさんのブロガーさんが記事にされてますね。このような独特の外観ですので、入ったことはなくとも見かけたことならあるという弘前市民も多いのではないでしょうか?
DSC02431.jpg

中はこのようにお座敷になっています。テーブル席と違ってお一人様だと目立ってしまいそうです。ワタシには人見知りするという性格的欠点がございまして今までお一人入店を躊躇しておったわけです。
DSC02422.jpg
DSC02424.jpg

これがメニュー表です。どれも美味しそう。まずはホルモン定食と牛バラを単品で注文しました。
DSC02428.jpg

各テーブルにはピーナッツが備え付けてあります。これが結構美味しい。お食事前にも関わらずつい手が出てたくさん食べてしまいます。
DSC02423.jpg

ごはんは標準サイズでもこの盛りの多さです。コスパの高さが人気の秘密でしょうな。
DSC02427.jpg

この店はなんと言っても中華そばが絶品です。一見昔ながらの素朴なラーメンといった風情ですが、ダシの効いた甘めのスープが癖になる逸品です。麺もコシがあるので食べ応えあり。これで450円は安いと思います。観光で弘前に来た方にもおススメメです。
DSC02429.jpg

そんなこんなでおなか一杯。一人では入りにくかったかって?またこよーっと。(ひとりでね)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森県立美術館 「美少女の美術史展」 [地元ネタ]

たまには眼病の目ん玉の保養をしようと考え、今日から青森県立美術館で開催されている「美少女の美術史 少女について考えるための16の事柄」に行って来ました。客層ですが小生のようなヲタとかオッサンばかりかと思いきや、うら若き女性客ばかりだったのでちょっとビックリ。7割ぐらいはそうだったように思います。

DSC01585.jpg
DSC01586.jpg
DSC01591.jpg

会場外でやっているライブペインティングイベント。
DSC01592.jpg

「塗ってる人(現代美術家のob氏)はどこなの?」と思いきや。。。
DSC01593.jpg

ヤボ用中でしたw
シアター室で上映中の6HPコスプレパフォーマンスをみにいってます!17:00くらいに戻ります。ob」
ちょっと萌えw
DSC01589.jpg

会場入り口に鎮座しているモビルスー...、いや美少女。
DSC01597.jpg

おっさん視点、いやアート視点ですw
DSC01599.jpg

撮影OKなのはここまで。

「萌えー」的なものとか「アウトー!(byアグネス)」的なものも若干ありますが、全体的に真面目な美術史展です。ロリ界の巨匠吾妻ひでお作品の原画や、少女椿まであったのには驚いたけど。(少女椿はさすがにアングラ過ぎて本編は展示できねえやなw)でもこれが児童ポルノだっていうのなら日本はもうダメだ。こういう美術展が出来る今の日本に生まれて良かったと本気で思います。

私が一番印象に残ったのは塚原重義監督によるアニメーション作品、太宰治作「女生徒」。
朗読はなんと大御所シンガーソングライターの遊佐未森!


以前NHKで放映された山下リオ版が「女生徒」の映像としては最高峰と思ってたけど、塚原版はそれを軽く凌駕してました。決して美人には描いてなかったのに、時間も短かったのに、ふしぎだ。


その他、高木正勝の代表作Girlsも映像作品として展示されてました。この人、悔しいけど才能を認めざるを得ない!(小生ヤサ男で感受性の強い芸術家肌ヤロウに対してはつい反骨精神抱いちゃうもんで。←何様のつもりじゃ!)

ob女史が中抜けしてまで観に行ってた6HPコスプレパフォーマンスですが、私も本編を見終わった後ちょっと覗いてみました。でも結局1分ぐらいで出ちゃったw 決して演者さんが悪いわけではなく、「女生徒」を観た感動そのままで県美をあとにしたかっただけです。ちなみこの会場が一番盛況で立ち見が出ていたぐらいでした。
DSC01590.jpg

オマケ。帰りに寄った三内温泉で見かけたアート作品。
自転車置き場に生える美少女のふともも」

DSC01600.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森競輪場で葵萌輪に振られる [地元ネタ]

朝流れる青森競輪場のCM。
「ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!!」
この台詞をしゃべってるのは青森競輪場マスコットキャラ葵萌輪(あおいもりん)。

正直これが流れるとイラっときます。「なんでやねん。お前萌え系嫌いじゃねーだろ?」といぶかる節もあるかも知れませんが、これを耳にするのって血圧を下げるお薬を飲む時刻なんですよね。要は私が不健康なだけって話しなんですが。。。

で、今日夜勤明けにその青森競輪場に行って来ました。私は競輪には興味のない人間なのですが、マーク★プンタさんの「青森競輪場温泉」の記事に感化されちゃいまして。正直「俺はお湯に用があるのであってレースのチケットはあくまで入湯券がわりよ」というスタンスです。熱心な競輪ファンの皆様申し訳ございません。

例の葵萌輪ちゃんに出迎えられて競輪場に入場。
DSC00947.jpg

その手のマニアの方にはたまらないのでしょうかね?個人的には「萌えーっ」っとくるほどではなかったです。
DSC00949.jpg

「俺って場違いだよねw」と感じながら湯カゴを持ってその辺をウロウロしてますと、係員さんに「すみませーんお客さーん!」と声をかけられました。一瞬ギクっとし「アレ?なんか失態でもやらかしちゃった?」と振り返ると、「今日は温泉やってない日なんですよー。今日はミッドナイトの日ですので浴場は選手専用でして。申し訳ございません!」とのこと。

競輪に疎い私には意味が分からなかったのですが、要は今日は一般入浴を受け付けない日のようです。その後、ゲートの方に案内され「このカレンダーの温泉マークの付いてる日でしたら大丈夫ですので。」との説明を受けました。帰宅後、青森競輪場の公式サイトで確認しましたが、WEB上のカレンダーにはその温泉マークは入っていないようです。ミッドナイト競輪以外のレース日ならOKってことかしら?

場内のカレンダーもWEB同様温泉マークは入ってないです。ゲートで入浴可能日のメモを取るのはちょっと恥ずかしいなぁw
DSC00950.jpg

そんなこんなで日頃の葵萌輪ちゃんへのつれない態度が祟ってか、隠れた名湯として評判の青森競輪場温泉へは入湯ならず...でした。

せっかく青森市まで来たので、いつものさんない温泉で硫黄臭を身にまとって帰宅しました。
DSC00951.jpg

追記:ツイッターでのおしゃべり仲間のSEIKOさんに指摘していただいたのですが、公式サイトにちゃんと温泉マークのカレンダーがありました。

これですね。

青森競輪場 温泉・イベントカレンダー(4月~6月)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前公園の桜 2014年4月28日 [地元ネタ]

本日の弘前公園のさくらの様子を10枚、いえ20枚うpします。見頃はおそらく今月一杯。まだのひとはいそげー!

DSC00817.jpgDSC00816.jpgDSC00813.jpgDSC00811.jpgDSC00798.jpgDSC00797.jpgDSC00789.jpgDSC00788.jpgDSC00786.jpgDSC00783.jpgDSC00781.jpgDSC00780.jpgDSC00777.jpgDSC00767.jpgDSC00765.jpgDSC00762.jpgDSC00760.jpgDSC00755.jpgDSC00751.jpgDSC00748.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前市 げんこつ屋のチャーシュー麺を食べてみる [地元ネタ]

まずはようつべの動画を一本。

モンちゃん!弘前巨大チャーシューメンを食べる


モンちゃん可愛いですよね。彼女に感化され今更ながらげんこつ屋に足を運んでみました。弘前市民の間じゃ有名店なんでしょうが、私こういうのに疎いんですよね。場所は泉野のパチンコTOMATO720の前あたりです。

P2060002.jpg
P2060001.jpg

チャーシューメン950円(平日10食、休日15食限定品)到着。見た目すごいインパクトありますが、チャーシューをはがしてみますと普通のラーメンが顔を出します。ややぬるいスッキリスープの食べやすいラーメンです。チャーシューの分量が多いので食べきれないかと思ったんですが、トロトロお肉で麺を包んで頂きましたらあっという間に完食しました。味付けがくどくないのがいいんでしょうね。
P2060003.jpg
P2060005.jpg

チャーシューは、このぐらいながーーーーーいです。
P2060007.jpg

最後にまたモンちゃん動画。
モンちゃん!青森を卒業!!アレックス・ルー「明日に架ける愛」


ネットの愛国聖戦士様じゃないからあえて言うけど、こういう民間交流って素敵だと思うんだよね。最近最悪の日中関係だけど、お互いケンカするにせよ実際日本に来てもらって実情を知ってもらうのが一番いいんじゃないのかな?だから温泉地に中国語表記があっても別に良いじゃんと思うのが私のスタンス。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

もげる夢のお話 [私自身のこと]

一日の活動の中で一番楽しみなのは睡眠中の夢だったりします。シュミに没頭してる時や温泉に浸かってる時以外はあんまり楽しくないもんで。。。齢40を過ぎますと友達と会う時間もなかなか取れず、夢の中でしか会えなかったりします。昔好きだった女の子に会う夢ばかりだったら良いのですが、あんまり好きじゃなかった奴が登場したりすると、それだけで損した感じになりますね。

私の夢は結構パターン化してておおむね、ビューティフルナイトメアの巻で書いた通りです。軽度抑うつだった時期には、弘前が宇宙人に侵略される?の巻みたいな突飛なのも見ましたけど。

内容的にはそんな感じなんですが、その時の心身状況によって夢を見ている時に次の要素が加わることがあります。

①金縛り
私には霊感が全くありませんので、心霊的なものじゃないはずです。耳鳴り、動悸、右脇腹の締め付け感が伴いますのでおそらく病的なもんなんでしょう。これって睡眠時無呼吸症候群か何かじゃないかしら?喫煙者だし。もしかしたら寝ている時の体位が心肺に負荷をかけているのかも知れません。心臓に負担のかかる左側臥位の際、血圧が高くなっているようにも感じますし。

②身体の一部がもげる。
これ、近年結構増えてきて気になってるんです。一番多いのは歯がボロボロと抜け落ちてしまうというもの。数本だけ抜けるだけというようなナマなもんじゃなく、一本抜けると次々に抜けて、抜ける歯がなくなると今度は歯茎まで取れてしまうという豪快なもんです。気になってネットで調べてみますとあんまり良いことが書かれてないですね。近親者との別れの暗示とかお金がなくなってしまう暗示とか。ちなみに虫歯とか歯ぎしりとかは関係なさそうです。

その他には指、手首、足、男性自身などが取れてしまうことがあります。で、不思議なんですが、取れた部分にくっけてみると、元通りにはならないけれど一応はくっつくんです。昨夜は自分の頭がもげるという夢をみたんですが、頭を胴体に帽子をかぶるみたいにくっつけてみると、一応死なずに済みました。ただ、つなぎ目は縫い合わさってないので、頭がズレないように両手で支えながら歩かなければならんという、なんとも珍妙な経験でしたw 首が取れた時の視点は胴体側にありまして、自分の頭、とりわけ頭髪の量をつぶさに観察したりしてました。自分が気付いていないハゲなぞ発見してがっかりしたり。(うう、こうやって書いてみるとなんか気分悪くなってきたw)これは何を暗示してるのだろう?。。。

ちなみにモゲ夢の際、血は吹き出ず、痛みもそれほど感じないですね。

③あと多いのは全裸で屋外活動するという夢。私には露出シュミはないですし、夢の中でハダカで居る時は正直羞恥心でいっぱいです。決して願望なんかじゃないですからね!

その時の精神状態と身体状況が複合的に作用してるんでしょうね。やっぱり上記みたいなヘンな夢よりか幸福な夢の方が良いですな。その為にも健康健康。




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アラウンドミドル雑感 [私自身のこと]

私は人に年齢不詳の御仁とよく言われます。そんな時、今までは「アラフォー男ですよ、アラフォー!」と回答していたのですが、昨日誕生日を迎えたことで、残念ながらアラフォーを卒業してしまいました。アラフォーの範囲は35〜44と結構幅広いので色々ゴマカシが効いて助かってましたが、今後はそうはいきません。30代のころは自己暗示で2年年齢を若くサバ読むことにしてました。というのは私は2浪して大学に入ったので実年齢よか学年が2コ下になるからです。高校の同期に会うときは別ですが、それ以外のときは「私の年齢=2コ先輩」と勝手に読み替えていました。それが出来たのも初期アラフォー時代の話し。アラフォーも中期を過ぎますと、肉体が年月に正直に反応しどんどこどんどこ老いを実感するようになってしまいました。具体的には記憶力、持久力、眼病、メタボ、肝機能、頭髪、白鼻毛、そしてオトコのヒトのお台場etc...

今までは「今よりよりよく生きたい」ということを人生のテーマに出来ましたが、これからは「今より悪くならないように生きなければならない」という悲しいシフトチェンジをしなければなりません。向こう10年先のことを考えると暗澹たる気持ちになります。緑内障が進んで車の運転が出来なくなるんじゃないか?とか、肝機能障害で療養しなければならなくなるんじゃないか?とか、このまま一生女の人と仲良しにならず人生を終えるんじゃないか?etc...

そんなことばかり考えても無意味なのはよく分かっています。人間あるように生き続けるしかないのですから。でもこんな風にも思います。「今の自分がこうならば、今一番したいことを我慢せずにしちゃえばいい。明日の自分に出来るかどうか分からないから。」そう思えば、人生の時間の使い方が上手になるようにも思います。今一番したいこと?そうだなぁ。。。温泉巡り以外になんかあるだろうか?欲しいものも最近はあんまりないよね。デジカメそろそろ買い替えようかしら。ブログにうpする写真が汚くて仕方ないから。え?こんな現実的でミミッチイことが自分のやりたいことなの?こんな風に未来よかゴールを見るような生き方は寂しい限りですね。でもそれが後半の人生というものなのかも知れません。

どうでも良い話しばかり書きましたが、最後に今日ちょっとショックだった逸話を。

同僚M「おめ、昨日夕方6時頃何してたば?」
まんぞう「え?公休だったし一日中寝てたよ?(ツマンネエ誕生日だったわ)」
同僚M「その時何か念じてねがったか?」
まんぞう「どういう意味?」
同僚M「夕方6時頃おめが会社のドアから中さ入ってぐの見かけた!」
まんぞう「えええええええ????」

同僚Mは色々その手のモノを見る能力があるらしいのですが、まさか私の生霊様が外を出歩いてるとは思いもしませんでした。その時間帯は睡眠していたのですが会社のことなんてひとっつも夢に見てませんでしたけどね。つうか「あー会社行きたくねえ!ストレスマックス!」ってこと以外仕事のことなぞ全く考えずに眠り惚けてましたから。一日中寝てて印象に残ってた夢は、「目覚めたらいつのまにか鳴子温泉駅前にクルマで到着してた。」というものでした。二番目に印象に残ってたのは学生時代好きだった女の子と楽しい高校生活を送ってるというもの。幽体離脱するような要素はイッコもないんですけどどうして〜!おいこら俺の魂、外で勝手なことすんな。

一つ分かったこと。人間の意識と魂って全く別もんなのかも。だって俺の意識と出社した俺の生霊とまったくリンクしてなかったんだもん。リンクしてるんだったら、昔好きだった女の子の部屋に「どしてらべ〜」っと遊びに行くっしょ、常識的に考えて。





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆうれい展を観る(2013) [地元ネタ]

毎年お盆時期に楽しみにしてるギャラリー森山のゆうれい展。去年も書きましたが怖がるのが目的じゃなく可愛い女性の霊に逢う為に足を運んでます。今年は2Fで人形も展示してます。幽霊限定という訳じゃなくオバケっぽければOKという感じですね。何故か妖怪変化に混ざって、我らがゆるキャラたか丸くんの人形が飾ってありました。頭に天守閣をかぶってる鷹というのはこの世には存在しないわけでまあオバケといえばオバケですなw。このコーナーでの一番のお気に入りは人魚の人形(w)でした。とてもエロくってベリーグッド。思わず「これ欲しい!」とつぶやいてしまった程。確かこんな感じだったと思うのですが、この絵じゃ人魚様の素晴らしさが全く伝わりませんですので世の殿方はお早めにギャラリーの方へドゾ。
2013-08-17 15.00.08.jpg

肝心の幽霊画ですが、今年はチケットに掲載されてるこの娘が優勝でしょう。チケットの画像じゃ分かりづらいですが実物はマジで可愛いです。こんな幽霊なら年中ウェルカムですな。去年書いた「返魂香之図」(伝円山応挙)の子はまた別格、ってか殿堂入りですけど。
2013-08-17 14.38.14.jpg

毎年少しずつではありますが新作が展示されてます。今年は21日までやってるそうですので、夏の思い出の1ページに足を運んで見てはいかがでしょうか?

追記:よくよく考えてみると人魚が立ってるというのもおかしな話。もしかしたらアレただの裸婦だったかも知れません。腰巻きが足下でヒレのようにひろがってるのを見てそう錯覚したのかも。まあいずれにせよエロかったですわ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。