So-net無料ブログ作成
検索選択

青森県立美術館 「美少女の美術史展」 [地元ネタ]

たまには眼病の目ん玉の保養をしようと考え、今日から青森県立美術館で開催されている「美少女の美術史 少女について考えるための16の事柄」に行って来ました。客層ですが小生のようなヲタとかオッサンばかりかと思いきや、うら若き女性客ばかりだったのでちょっとビックリ。7割ぐらいはそうだったように思います。

DSC01585.jpg
DSC01586.jpg
DSC01591.jpg

会場外でやっているライブペインティングイベント。
DSC01592.jpg

「塗ってる人(現代美術家のob氏)はどこなの?」と思いきや。。。
DSC01593.jpg

ヤボ用中でしたw
シアター室で上映中の6HPコスプレパフォーマンスをみにいってます!17:00くらいに戻ります。ob」
ちょっと萌えw
DSC01589.jpg

会場入り口に鎮座しているモビルスー...、いや美少女。
DSC01597.jpg

おっさん視点、いやアート視点ですw
DSC01599.jpg

撮影OKなのはここまで。

「萌えー」的なものとか「アウトー!(byアグネス)」的なものも若干ありますが、全体的に真面目な美術史展です。ロリ界の巨匠吾妻ひでお作品の原画や、少女椿まであったのには驚いたけど。(少女椿はさすがにアングラ過ぎて本編は展示できねえやなw)でもこれが児童ポルノだっていうのなら日本はもうダメだ。こういう美術展が出来る今の日本に生まれて良かったと本気で思います。

私が一番印象に残ったのは塚原重義監督によるアニメーション作品、太宰治作「女生徒」。
朗読はなんと大御所シンガーソングライターの遊佐未森!


以前NHKで放映された山下リオ版が「女生徒」の映像としては最高峰と思ってたけど、塚原版はそれを軽く凌駕してました。決して美人には描いてなかったのに、時間も短かったのに、ふしぎだ。


その他、高木正勝の代表作Girlsも映像作品として展示されてました。この人、悔しいけど才能を認めざるを得ない!(小生ヤサ男で感受性の強い芸術家肌ヤロウに対してはつい反骨精神抱いちゃうもんで。←何様のつもりじゃ!)

ob女史が中抜けしてまで観に行ってた6HPコスプレパフォーマンスですが、私も本編を見終わった後ちょっと覗いてみました。でも結局1分ぐらいで出ちゃったw 決して演者さんが悪いわけではなく、「女生徒」を観た感動そのままで県美をあとにしたかっただけです。ちなみこの会場が一番盛況で立ち見が出ていたぐらいでした。
DSC01590.jpg

オマケ。帰りに寄った三内温泉で見かけたアート作品。
自転車置き場に生える美少女のふともも」

DSC01600.jpg
コメント(0) 

青森競輪場で葵萌輪に振られる [地元ネタ]

朝流れる青森競輪場のCM。
「ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!!」
この台詞をしゃべってるのは青森競輪場マスコットキャラ葵萌輪(あおいもりん)。

正直これが流れるとイラっときます。「なんでやねん。お前萌え系嫌いじゃねーだろ?」といぶかる節もあるかも知れませんが、これを耳にするのって血圧を下げるお薬を飲む時刻なんですよね。要は私が不健康なだけって話しなんですが。。。

で、今日夜勤明けにその青森競輪場に行って来ました。私は競輪には興味のない人間なのですが、マーク★プンタさんの「青森競輪場温泉」の記事に感化されちゃいまして。正直「俺はお湯に用があるのであってレースのチケットはあくまで入湯券がわりよ」というスタンスです。熱心な競輪ファンの皆様申し訳ございません。

例の葵萌輪ちゃんに出迎えられて競輪場に入場。
DSC00947.jpg

その手のマニアの方にはたまらないのでしょうかね?個人的には「萌えーっ」っとくるほどではなかったです。
DSC00949.jpg

「俺って場違いだよねw」と感じながら湯カゴを持ってその辺をウロウロしてますと、係員さんに「すみませーんお客さーん!」と声をかけられました。一瞬ギクっとし「アレ?なんか失態でもやらかしちゃった?」と振り返ると、「今日は温泉やってない日なんですよー。今日はミッドナイトの日ですので浴場は選手専用でして。申し訳ございません!」とのこと。

競輪に疎い私には意味が分からなかったのですが、要は今日は一般入浴を受け付けない日のようです。その後、ゲートの方に案内され「このカレンダーの温泉マークの付いてる日でしたら大丈夫ですので。」との説明を受けました。帰宅後、青森競輪場の公式サイトで確認しましたが、WEB上のカレンダーにはその温泉マークは入っていないようです。ミッドナイト競輪以外のレース日ならOKってことかしら?

場内のカレンダーもWEB同様温泉マークは入ってないです。ゲートで入浴可能日のメモを取るのはちょっと恥ずかしいなぁw
DSC00950.jpg

そんなこんなで日頃の葵萌輪ちゃんへのつれない態度が祟ってか、隠れた名湯として評判の青森競輪場温泉へは入湯ならず...でした。

せっかく青森市まで来たので、いつものさんない温泉で硫黄臭を身にまとって帰宅しました。
DSC00951.jpg

追記:ツイッターでのおしゃべり仲間のSEIKOさんに指摘していただいたのですが、公式サイトにちゃんと温泉マークのカレンダーがありました。

これですね。

青森競輪場 温泉・イベントカレンダー(4月~6月)


コメント(0) 

弘前公園の桜 2014年4月28日 [地元ネタ]

本日の弘前公園のさくらの様子を10枚、いえ20枚うpします。見頃はおそらく今月一杯。まだのひとはいそげー!

DSC00817.jpgDSC00816.jpgDSC00813.jpgDSC00811.jpgDSC00798.jpgDSC00797.jpgDSC00789.jpgDSC00788.jpgDSC00786.jpgDSC00783.jpgDSC00781.jpgDSC00780.jpgDSC00777.jpgDSC00767.jpgDSC00765.jpgDSC00762.jpgDSC00760.jpgDSC00755.jpgDSC00751.jpgDSC00748.jpg
コメント(0) 

弘前市 げんこつ屋のチャーシュー麺を食べてみる [地元ネタ]

まずはようつべの動画を一本。

モンちゃん!弘前巨大チャーシューメンを食べる


モンちゃん可愛いですよね。彼女に感化され今更ながらげんこつ屋に足を運んでみました。弘前市民の間じゃ有名店なんでしょうが、私こういうのに疎いんですよね。場所は泉野のパチンコTOMATO720の前あたりです。

P2060002.jpg
P2060001.jpg

チャーシューメン950円(平日10食、休日15食限定品)到着。見た目すごいインパクトありますが、チャーシューをはがしてみますと普通のラーメンが顔を出します。ややぬるいスッキリスープの食べやすいラーメンです。チャーシューの分量が多いので食べきれないかと思ったんですが、トロトロお肉で麺を包んで頂きましたらあっという間に完食しました。味付けがくどくないのがいいんでしょうね。
P2060003.jpg
P2060005.jpg

チャーシューは、このぐらいながーーーーーいです。
P2060007.jpg

最後にまたモンちゃん動画。
モンちゃん!青森を卒業!!アレックス・ルー「明日に架ける愛」


ネットの愛国聖戦士様じゃないからあえて言うけど、こういう民間交流って素敵だと思うんだよね。最近最悪の日中関係だけど、お互いケンカするにせよ実際日本に来てもらって実情を知ってもらうのが一番いいんじゃないのかな?だから温泉地に中国語表記があっても別に良いじゃんと思うのが私のスタンス。
コメント(2) 

ゆうれい展を観る(2013) [地元ネタ]

毎年お盆時期に楽しみにしてるギャラリー森山のゆうれい展。去年も書きましたが怖がるのが目的じゃなく可愛い女性の霊に逢う為に足を運んでます。今年は2Fで人形も展示してます。幽霊限定という訳じゃなくオバケっぽければOKという感じですね。何故か妖怪変化に混ざって、我らがゆるキャラたか丸くんの人形が飾ってありました。頭に天守閣をかぶってる鷹というのはこの世には存在しないわけでまあオバケといえばオバケですなw。このコーナーでの一番のお気に入りは人魚の人形(w)でした。とてもエロくってベリーグッド。思わず「これ欲しい!」とつぶやいてしまった程。確かこんな感じだったと思うのですが、この絵じゃ人魚様の素晴らしさが全く伝わりませんですので世の殿方はお早めにギャラリーの方へドゾ。
2013-08-17 15.00.08.jpg

肝心の幽霊画ですが、今年はチケットに掲載されてるこの娘が優勝でしょう。チケットの画像じゃ分かりづらいですが実物はマジで可愛いです。こんな幽霊なら年中ウェルカムですな。去年書いた「返魂香之図」(伝円山応挙)の子はまた別格、ってか殿堂入りですけど。
2013-08-17 14.38.14.jpg

毎年少しずつではありますが新作が展示されてます。今年は21日までやってるそうですので、夏の思い出の1ページに足を運んで見てはいかがでしょうか?

追記:よくよく考えてみると人魚が立ってるというのもおかしな話。もしかしたらアレただの裸婦だったかも知れません。腰巻きが足下でヒレのようにひろがってるのを見てそう錯覚したのかも。まあいずれにせよエロかったですわ。
コメント(0) 

まつり終了後の弘前公園の桜2013.5.9 [地元ネタ]

連休期間天候に恵まれなかった弘前公園。弘前さくらまつりも終了し現在後片付けモードになってますがまだまだ桜を楽しむことは可能です。(葉桜も目立ちますけどね。)これから弘前に来る方のご参考にどうぞ。

IMG_0291.jpg

IMG_0292.jpg

IMG_0293.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0295.jpg

IMG_0296.jpg

IMG_0297.jpg

IMG_0299.jpg

IMG_0300.jpg

IMG_0307.jpg

IMG_0311.jpg
コメント(0) 

青森市 ラーメンくめちゃんに入ってみる [地元ネタ]

青森市の観光通りから国道7号に入る手前のパーキングの向かいに先月二郎系がオープンしたことを知り、早速行って参りました。場所は観光通りからパーキング越しに確認することが出来ます。青森市役所側から向かうと一方通行が多いので要注意です。

がっしりした風貌にして物腰が低いオーナー(失礼)とおっとり癒し系のおねえさんの二人でやってました。(ご夫婦なのでしょうか?)店に入る敷居は低くアットホームな感じ。
P3070002.jpg

店内はカウンター7席に4人がけのテーブルが二つ。セルフサービスのお冷やは入り口付近に置いてあります。コールの仕方がこのように掲示してありますので、二郎系に不案内な人でも安心して注文出来ると思います。一般的な二郎システムと異なり料金は手渡しにて後払いです。支払い時向かいのパーキング券を見せるとサービス券がもらえます。私は30分もいなかったので駐車代はタダになりました。
P3070004.jpg


小豚(しょうぶた)野菜多めニンニク多めをオーダーしてみました。麺は極太の平麺を製麺所から取り寄せているようです。硬さは中ぐらいですね。スープは意外にもあっさりしています。というか薄味です。もしかしたらカラメをオーダーした方が良かったのかも知れません。風味自体は丁度いいんですけどね。コショーと唐辛子の他自分で味付けを調節出来る部分がないのでオーダー時にしっかりコールすれば良いと思います。今度入ったらカラメを頼もっと。チャーシューはホクホクトロトロでボリューム満点ですが、下味が付いてないのでスープの塩っけだけだと食べ切るのがつらいかも。弘前の二郎系の場合しょうゆだれで自分で調節する感じだからなぁ。全体的にギトギトしてなく身体に優しい感じの二郎系でした。ちなみに私は本物の二郎を食べたことがないので二郎と比較してどうこう言うことは出来ないです。弘前の一文路と比較するとマイルドである、とは言えるのですが。
P3070005.jpg
コメント(0) 

弘前市下湯口 食事処「ヤマニ」に入ってみる [地元ネタ]

晩秋となりいよいよ寒くなってきた今日この頃。いつも温泉ばっかなんでたまには身体の内側からあったまってやろうなどと考え、食事処「ヤマニ」という近年ネットで評判のお店にミソラーメンを食いに行ってきました。悪戸から青柳保育園前を通って旧相馬やアップルロードに向かう途中にあります。

小さな大衆食堂といったおもむき。右が酒屋で左が食堂になっています。人気店らしくお客さんが一杯。駐車スペースが狭いので注意です。
IMG_2441.jpg
IMG_2442.jpg

メニュー豊富で安いです。おっとりした笑顔の姐さんがオーダーを受けてくれます。今日はお客さんが多く、若干出来上がりまで長いようにも感じました。
IMG_2443.jpg
IMG_2445.jpg

「人生の苦さ辛さは隠し味」
IMG_2446.jpg

ミソラーメン(600円也)。スープは中ミソ系トロトロ甘辛コク味です。小皿に盛られてるのはおろしニンニクと豆板醤。
IMG_2447.jpg

オーダーの際に太麺と細麺をチョイス出来ます(これは太麺)。ちょうど良いコシの強さで食べごたえがあります。奇をてらったわけじゃないノーマルなラーメンですが、食べ飽きない美味しさです。食べた後には当初のもくろみ通りおなかの中からぽっぽぽっぽと暖かくなりました。市街地の激戦区のラーメン店と違って気軽に入れるね、この店。
IMG_2448.jpg
コメント(2) 

ゆうれい展を観る(2012) [地元ネタ]

弘前市樹木のギャラリー森山で開催されているゆうれい展に今年も行ってきました。毎年お盆前後の恒例企画で、今年は津軽の寺院や個人が所蔵する幽霊画、断首図、地獄絵図などが60点ほど展示されています。テレビ放送で開眼しちゃったといういわくつきの渡邊金三郎断首図、今年ももちろん登場です。オリジナルだけではなくその模写も数点ありました。ご丁寧にもオンエア当時のキャプ画像が解説付きで掲示してあり、ある意味これがこの展示会のメインの作品なんでしょう。(だから開眼つっても実はただのハエ...いやなんでもないです。ワタシを呪わないでね。)

今年は地獄絵にリキを入れてるようで、「悪いことをすればこうなるぞー(グロ注意)」という精緻なタッチの掛け軸が所狭しと並べてありました。絵画としては興味深いのですが、個人的にこれを見て信心を深めたり改心したりという気にはどうもなれません。なんかこれ、地獄ってより現代日本の格差社会に見えて仕方ないんだよね。「もしかして俺等ってすでに地獄に堕ちてしまってなくね?」などという斜に構えた思いが鎌首をもたげてくるのです。今生で負け組街道を歩む身の上としては、ど〜も極楽に昇った勝ち組連中には感情移入出来ない。いえ、「生きてる間にたっぷり悪いことをせえよ、どっちみちこの世もあの世も地獄じゃ〜!」...という意味じゃないですからね、誤解なきよう。一枚だけ好きな地獄絵があります。それは針山地獄の崖の上で凛々しい亡者が鬼どもに抗って逆に突き落としてやろうと奮闘するシーンが描かれてる作品です。生前どんな悪いことをした人か知りませんが、他の亡者を守って地獄の鬼と戦うなんてなんかかっこいいではないですか。判官びいきの琴線に触れる逸品です。

実は私がこの展示館に通うのにははっきりとした動機があります。オバケを見て怖がりたいからとかではありません。まして興味本位でもないんです。女性の幽霊たちがあまりに美しいからです。特にお気に入りは久渡寺所蔵の「返魂香之図」(伝円山応挙)。なんとも可憐な美少女で思わずグッとくるものがあります。はっきり言ってオバケのくせにめちゃくちゃ可愛いです。ヘタしたらいつかタタリにあっちゃうかも知れませんが、「萌え〜」っとしながらこの作品にずーっと向き合ってました。これからも彼女に逢う目的で毎年この展示会に通おうと思案しております。んな奴ぁ少数派かも知れませんが...。

P8190003.jpg




コメント(0) 

弘前市に豪ーめん上陸 [地元ネタ]

岩手では有名な二郎インスパイアチェーン店「豪ーめん」弘前市にて8月14日グランドオープン。地元の豚次郎と一文路をひいきにしている身の上としては「食い合いになるのはヤダナァ。」というのが第一の感想でした。とりあえずどんなものなのか食べにいってみました。

場所は7号沿いのツタヤの信号を駅方面に渡ってちょっとです。
某進学塾の向かい。城東バッティングセンターの手前。
IMG_2081.jpg

隣接している駐車場は十分広いですのでクルマでも大丈夫。
IMG_2080.jpg

事前情報では味噌豪ーめんが美味しいとのことでしたので券売機でそれをチョイス。750円也。すると店員さんに「ニンニク入れても大丈夫ですか?」と聞かれます。特にコールや丼上げテーブル拭きなどのルールはないようです。

どんぶりが鋭角で容積が小さいので高さの割には分量はそれなりです。湯気があがってますので油膜はそれほどでもないのでしょう。個人的にはそっちの方が健康に良いのでありがたいです。たわむれに女性向けの女子豪ーめんを注文出来るか聞いた所、「出来ないです」とのことです。(まあ当然だわなw)「だったら二郎インスパなんかに行くなや」と叱られそうですけどね。
IMG_2084.jpg

太めですが、ごわごわした感じはなく一般的な味噌ラーメンに近い感じの麺です。
IMG_2086.jpg
味付きの丸型チャーシュー。冷えたのが載ってるのでちょっとスープに浸してから食べた方が美味しいと思います。
IMG_2087.jpg

スープのにんにく臭はあまり強くなく甘口の印象。背脂チップも細かくて胃に負担がかからない感じ。良く言えばドギツサがなく食べ易い。悪く言えば個性が弱い。一般的なラーメンとして食べる分にはそれほど悪くはありません。でも二郎的なものを求める人には違和感を感じるかもしれませんね。

独自のヘルシー指向を追求してるのか壁面にこのようなことが書かれています。どのみち私の場合肝機能的事情でラーメン店には月一回しか行けないのですわ。(血液検査ですぐばれる。)
IMG_2082.jpg
IMG_2083.jpg

さて、冒頭で述べた私の懸念ですけど、豚次郎や一文路とは競合しないであろうというのが率直な感想です。これはこれで別物ですね。あとチェーン店独特のシステマチックな居心地の悪さというのがあります。オープン間もなくで店員さん達(4人ぐらいいたかな?)が緊張してるのがこっちに伝わってきてるせいかも知れません。
それにしても津軽のラーメン界も競争激しくて大変ですね。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。