So-net無料ブログ作成
検索選択

平内ホタテ活御膳を食べてみる [地元ネタ]

先日ウェスパ椿山で深浦マグロステーキ丼を食べた話をしましたが、そうなってくると青森県で二番目に出来た「新OMOTENASHIご当地グルメ」、平内ホタテ活御膳も食してみたいと考えるのが人情です。ということで今日は普段は全く行くことのない、平内のホタテ広場に出かけてきました。場所は浅虫をちょっと過ぎたところにあります。なもんですんで、何はともあれ浅虫で風呂フロ!

DSC05844.jpg
DSC05836.jpg
DSC05839.jpg

青森ほたてのホタちゃん。「これホタテってよりライオンじゃね?いや、昔明石家さんまがやってたパーデンネン(古っw)にも似てるね」と思い、心密かにライオンパーデンネンと命名。個人の感想ですので他意はありませぬ。
IMG_3580.jpg

これが平内ホタテ活御膳のポスター。新ご当地グルメシリーズは全部こんな感じのデザインですね。
IMG_3578.jpg

平内ほたて広場のメニュー表。どう見ても平内ホタテ活御膳(1200円)より、帆立わっぱ飯とラーメンセット(800円)の方がコスパ良さそうですが、今回はセット頼んだら負けと思い当初の予定通りホタテ活御膳を注文します。
IMG_3575.jpg
IMG_3576.jpg

「平内ホタテ活御膳のおいしい食べ方」。敬語の使い方がヘンテコな文ですが、深浦マグロステーキ丼のそれよりかはシンプルでわかりやすいです。
IMG_3564.jpg

これがホタテ活御膳。基本は深浦マグロステーキ丼と一緒で、お刺身のままかジンギスカンみたいにお好みで焼くかして、三種のタレでいただくという感じです。ご飯ものはお寿司が3つ付いてますがこれがなかなかのボリューム。深浦マグロステーキ丼の時は量が物足りなく感じたのですが、こっちはお腹いっぱいでした。味はまあまあって感じの美味しさです。りんご塩ダレというのが付いてましたが、これがなかなかスッキリと爽やかな味わいで、他の料理を食べる時にも使えそうな感じでした。
IMG_3567.jpg
IMG_3568.jpg
IMG_3571.jpg

まだ食べてる途中ですが、ホタテアイスのデザートが出てきます。溶けちゃったらなんなので、御膳と一緒に食べましたが、これがなかなかウマ〜い!今まで存在は知っててもあえてスルーしてたホタテソフトももしかしたら美味しいのかもね。次に来た時はおのれの欲望通り、セット&ソフトを注文しようかな?と思いました。平内って温泉的には夜越山ぐらいしかないところですが、今回みたいに浅虫とセットで来てみるとなかなか楽しめる場所なのかも知れません。子供のころは夏泊半島に遠足で来てワクワクしてたもんだったんだがなぁ〜(遠い目)。今じゃ下北に遊びに行く時の単なる通過点になっちゃってるし。寄り道は大事だよ、人生においてもね(意味深)。
IMG_3573.jpg
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

青森県立美術館 「成田亨展」 [地元ネタ]

青森県立美術館で開催されている成田亨展を観に行ってきました。

DSC04822.jpg

入り口付近にディスプレイされてるTDF PO1=ポインター1号(ウルトラセブン)。
DSC04824.jpg
DSC04825.jpg
DSC04826.jpg
DSC04839.jpg

出口に展示してあるものは撮影OKでしたのでここに紹介しておきますね。

造形作家・清河北斗氏による「ブランカー」(突撃!!ヒューマン
DSC04829.jpg
DSC04833.jpg

ウルトラマン。成田亨氏の描くウルトラマンにはカラータイマーはありません。何故なら宇宙人の肉体に機械的なものが付いているのはおかしいという考えからだそうです。展示でウルトラマンデザインの初稿というのを観たのですが、ヒーローとは思えないほどブキミなものでしたw
DSC04832.jpg

ウルトラセブン。セブンの初稿もありましたが宇宙人というよかロボットという感じでした。
DSC04830.jpg

突撃!!ヒューマン&バルタン星人。
ちなみに突撃!!ヒューマンの裏番組は仮面ライダーでオンエア時苦戦してたみたい。
DSC04834.jpg

ピグモン&カネゴン。
展示してある絵画で一番好きだったのは裸婦を後ろから覗いてるケムール人。
可愛くて思わず笑っちゃったw
DSC04835.jpg

これは何でしたっけ?MU/ネクスト?よく確認しておけば良かった。
展示物すごく多かったんですよ。
DSC04831.jpg

麻雀放浪記で使用した上野廃墟のジオラマコーナーもありました。横にスライドして動かすカメラが用意されており、モニターで上野の風景を映して観ることが出来るようになってましたもんで、カメラの前に手をかざして「エヴァ初号機暴走!」とか言って遊ばせてもらいました。

私は特撮ファンなので今回足を運びましたけど一般の人にも十分楽しめる内容になってます。特に神話に出てくる怪物の絵画は興味深いです。5月いっぱいやってますので興味のある方は青森県立美術館 までドゾ。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前市 マルミツ食堂に(ひとりで)入ってみる [地元ネタ]

私は単独行動主義者でして、一人焼肉、一人お寿司、一人海水浴、一人子供映画など軽くこなします。しかし他人とは一緒に入ったことがあるにも関わらず、一人では入りにくい店というのもありまして、マルミツ食堂もそんな感じのお店です。今夜意を決して一人マルミツにチャレンジして参りました。

場所は弘前の樹木の坂を登りツタヤを過ぎたところにある薬王堂の斜め向かいです。ここは安くて美味しいと評判のお店ですのですでにたくさんのブロガーさんが記事にされてますね。このような独特の外観ですので、入ったことはなくとも見かけたことならあるという弘前市民も多いのではないでしょうか?
DSC02431.jpg

中はこのようにお座敷になっています。テーブル席と違ってお一人様だと目立ってしまいそうです。ワタシには人見知りするという性格的欠点がございまして今までお一人入店を躊躇しておったわけです。
DSC02422.jpg
DSC02424.jpg

これがメニュー表です。どれも美味しそう。まずはホルモン定食と牛バラを単品で注文しました。
DSC02428.jpg

各テーブルにはピーナッツが備え付けてあります。これが結構美味しい。お食事前にも関わらずつい手が出てたくさん食べてしまいます。
DSC02423.jpg

ごはんは標準サイズでもこの盛りの多さです。コスパの高さが人気の秘密でしょうな。
DSC02427.jpg

この店はなんと言っても中華そばが絶品です。一見昔ながらの素朴なラーメンといった風情ですが、ダシの効いた甘めのスープが癖になる逸品です。麺もコシがあるので食べ応えあり。これで450円は安いと思います。観光で弘前に来た方にもおススメメです。
DSC02429.jpg

そんなこんなでおなか一杯。一人では入りにくかったかって?またこよーっと。(ひとりでね)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森県立美術館 「美少女の美術史展」 [地元ネタ]

たまには眼病の目ん玉の保養をしようと考え、今日から青森県立美術館で開催されている「美少女の美術史 少女について考えるための16の事柄」に行って来ました。客層ですが小生のようなヲタとかオッサンばかりかと思いきや、うら若き女性客ばかりだったのでちょっとビックリ。7割ぐらいはそうだったように思います。

DSC01585.jpg
DSC01586.jpg
DSC01591.jpg

会場外でやっているライブペインティングイベント。
DSC01592.jpg

「塗ってる人(現代美術家のob氏)はどこなの?」と思いきや。。。
DSC01593.jpg

ヤボ用中でしたw
シアター室で上映中の6HPコスプレパフォーマンスをみにいってます!17:00くらいに戻ります。ob」
ちょっと萌えw
DSC01589.jpg

会場入り口に鎮座しているモビルスー...、いや美少女。
DSC01597.jpg

おっさん視点、いやアート視点ですw
DSC01599.jpg

撮影OKなのはここまで。

「萌えー」的なものとか「アウトー!(byアグネス)」的なものも若干ありますが、全体的に真面目な美術史展です。ロリ界の巨匠吾妻ひでお作品の原画や、少女椿まであったのには驚いたけど。(少女椿はさすがにアングラ過ぎて本編は展示できねえやなw)でもこれが児童ポルノだっていうのなら日本はもうダメだ。こういう美術展が出来る今の日本に生まれて良かったと本気で思います。

私が一番印象に残ったのは塚原重義監督によるアニメーション作品、太宰治作「女生徒」。
朗読はなんと大御所シンガーソングライターの遊佐未森!


以前NHKで放映された山下リオ版が「女生徒」の映像としては最高峰と思ってたけど、塚原版はそれを軽く凌駕してました。決して美人には描いてなかったのに、時間も短かったのに、ふしぎだ。


その他、高木正勝の代表作Girlsも映像作品として展示されてました。この人、悔しいけど才能を認めざるを得ない!(小生ヤサ男で感受性の強い芸術家肌ヤロウに対してはつい反骨精神抱いちゃうもんで。←何様のつもりじゃ!)

ob女史が中抜けしてまで観に行ってた6HPコスプレパフォーマンスですが、私も本編を見終わった後ちょっと覗いてみました。でも結局1分ぐらいで出ちゃったw 決して演者さんが悪いわけではなく、「女生徒」を観た感動そのままで県美をあとにしたかっただけです。ちなみこの会場が一番盛況で立ち見が出ていたぐらいでした。
DSC01590.jpg

オマケ。帰りに寄った三内温泉で見かけたアート作品。
自転車置き場に生える美少女のふともも」

DSC01600.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森競輪場で葵萌輪に振られる [地元ネタ]

朝流れる青森競輪場のCM。
「ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!ドキドキしたーい!!」
この台詞をしゃべってるのは青森競輪場マスコットキャラ葵萌輪(あおいもりん)。

正直これが流れるとイラっときます。「なんでやねん。お前萌え系嫌いじゃねーだろ?」といぶかる節もあるかも知れませんが、これを耳にするのって血圧を下げるお薬を飲む時刻なんですよね。要は私が不健康なだけって話しなんですが。。。

で、今日夜勤明けにその青森競輪場に行って来ました。私は競輪には興味のない人間なのですが、マーク★プンタさんの「青森競輪場温泉」の記事に感化されちゃいまして。正直「俺はお湯に用があるのであってレースのチケットはあくまで入湯券がわりよ」というスタンスです。熱心な競輪ファンの皆様申し訳ございません。

例の葵萌輪ちゃんに出迎えられて競輪場に入場。
DSC00947.jpg

その手のマニアの方にはたまらないのでしょうかね?個人的には「萌えーっ」っとくるほどではなかったです。
DSC00949.jpg

「俺って場違いだよねw」と感じながら湯カゴを持ってその辺をウロウロしてますと、係員さんに「すみませーんお客さーん!」と声をかけられました。一瞬ギクっとし「アレ?なんか失態でもやらかしちゃった?」と振り返ると、「今日は温泉やってない日なんですよー。今日はミッドナイトの日ですので浴場は選手専用でして。申し訳ございません!」とのこと。

競輪に疎い私には意味が分からなかったのですが、要は今日は一般入浴を受け付けない日のようです。その後、ゲートの方に案内され「このカレンダーの温泉マークの付いてる日でしたら大丈夫ですので。」との説明を受けました。帰宅後、青森競輪場の公式サイトで確認しましたが、WEB上のカレンダーにはその温泉マークは入っていないようです。ミッドナイト競輪以外のレース日ならOKってことかしら?

場内のカレンダーもWEB同様温泉マークは入ってないです。ゲートで入浴可能日のメモを取るのはちょっと恥ずかしいなぁw
DSC00950.jpg

そんなこんなで日頃の葵萌輪ちゃんへのつれない態度が祟ってか、隠れた名湯として評判の青森競輪場温泉へは入湯ならず...でした。

せっかく青森市まで来たので、いつものさんない温泉で硫黄臭を身にまとって帰宅しました。
DSC00951.jpg

追記:ツイッターでのおしゃべり仲間のSEIKOさんに指摘していただいたのですが、公式サイトにちゃんと温泉マークのカレンダーがありました。

これですね。

青森競輪場 温泉・イベントカレンダー(4月~6月)


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前公園の桜 2014年4月28日 [地元ネタ]

本日の弘前公園のさくらの様子を10枚、いえ20枚うpします。見頃はおそらく今月一杯。まだのひとはいそげー!

DSC00817.jpgDSC00816.jpgDSC00813.jpgDSC00811.jpgDSC00798.jpgDSC00797.jpgDSC00789.jpgDSC00788.jpgDSC00786.jpgDSC00783.jpgDSC00781.jpgDSC00780.jpgDSC00777.jpgDSC00767.jpgDSC00765.jpgDSC00762.jpgDSC00760.jpgDSC00755.jpgDSC00751.jpgDSC00748.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘前市 げんこつ屋のチャーシュー麺を食べてみる [地元ネタ]

まずはようつべの動画を一本。

モンちゃん!弘前巨大チャーシューメンを食べる


モンちゃん可愛いですよね。彼女に感化され今更ながらげんこつ屋に足を運んでみました。弘前市民の間じゃ有名店なんでしょうが、私こういうのに疎いんですよね。場所は泉野のパチンコTOMATO720の前あたりです。

P2060002.jpg
P2060001.jpg

チャーシューメン950円(平日10食、休日15食限定品)到着。見た目すごいインパクトありますが、チャーシューをはがしてみますと普通のラーメンが顔を出します。ややぬるいスッキリスープの食べやすいラーメンです。チャーシューの分量が多いので食べきれないかと思ったんですが、トロトロお肉で麺を包んで頂きましたらあっという間に完食しました。味付けがくどくないのがいいんでしょうね。
P2060003.jpg
P2060005.jpg

チャーシューは、このぐらいながーーーーーいです。
P2060007.jpg

最後にまたモンちゃん動画。
モンちゃん!青森を卒業!!アレックス・ルー「明日に架ける愛」


ネットの愛国聖戦士様じゃないからあえて言うけど、こういう民間交流って素敵だと思うんだよね。最近最悪の日中関係だけど、お互いケンカするにせよ実際日本に来てもらって実情を知ってもらうのが一番いいんじゃないのかな?だから温泉地に中国語表記があっても別に良いじゃんと思うのが私のスタンス。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆうれい展を観る(2013) [地元ネタ]

毎年お盆時期に楽しみにしてるギャラリー森山のゆうれい展。去年も書きましたが怖がるのが目的じゃなく可愛い女性の霊に逢う為に足を運んでます。今年は2Fで人形も展示してます。幽霊限定という訳じゃなくオバケっぽければOKという感じですね。何故か妖怪変化に混ざって、我らがゆるキャラたか丸くんの人形が飾ってありました。頭に天守閣をかぶってる鷹というのはこの世には存在しないわけでまあオバケといえばオバケですなw。このコーナーでの一番のお気に入りは人魚の人形(w)でした。とてもエロくってベリーグッド。思わず「これ欲しい!」とつぶやいてしまった程。確かこんな感じだったと思うのですが、この絵じゃ人魚様の素晴らしさが全く伝わりませんですので世の殿方はお早めにギャラリーの方へドゾ。
2013-08-17 15.00.08.jpg

肝心の幽霊画ですが、今年はチケットに掲載されてるこの娘が優勝でしょう。チケットの画像じゃ分かりづらいですが実物はマジで可愛いです。こんな幽霊なら年中ウェルカムですな。去年書いた「返魂香之図」(伝円山応挙)の子はまた別格、ってか殿堂入りですけど。
2013-08-17 14.38.14.jpg

毎年少しずつではありますが新作が展示されてます。今年は21日までやってるそうですので、夏の思い出の1ページに足を運んで見てはいかがでしょうか?

追記:よくよく考えてみると人魚が立ってるというのもおかしな話。もしかしたらアレただの裸婦だったかも知れません。腰巻きが足下でヒレのようにひろがってるのを見てそう錯覚したのかも。まあいずれにせよエロかったですわ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まつり終了後の弘前公園の桜2013.5.9 [地元ネタ]

連休期間天候に恵まれなかった弘前公園。弘前さくらまつりも終了し現在後片付けモードになってますがまだまだ桜を楽しむことは可能です。(葉桜も目立ちますけどね。)これから弘前に来る方のご参考にどうぞ。

IMG_0291.jpg

IMG_0292.jpg

IMG_0293.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0295.jpg

IMG_0296.jpg

IMG_0297.jpg

IMG_0299.jpg

IMG_0300.jpg

IMG_0307.jpg

IMG_0311.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森市 ラーメンくめちゃんに入ってみる [地元ネタ]

青森市の観光通りから国道7号に入る手前のパーキングの向かいに先月二郎系がオープンしたことを知り、早速行って参りました。場所は観光通りからパーキング越しに確認することが出来ます。青森市役所側から向かうと一方通行が多いので要注意です。

がっしりした風貌にして物腰が低いオーナー(失礼)とおっとり癒し系のおねえさんの二人でやってました。(ご夫婦なのでしょうか?)店に入る敷居は低くアットホームな感じ。
P3070002.jpg

店内はカウンター7席に4人がけのテーブルが二つ。セルフサービスのお冷やは入り口付近に置いてあります。コールの仕方がこのように掲示してありますので、二郎系に不案内な人でも安心して注文出来ると思います。一般的な二郎システムと異なり料金は手渡しにて後払いです。支払い時向かいのパーキング券を見せるとサービス券がもらえます。私は30分もいなかったので駐車代はタダになりました。
P3070004.jpg


小豚(しょうぶた)野菜多めニンニク多めをオーダーしてみました。麺は極太の平麺を製麺所から取り寄せているようです。硬さは中ぐらいですね。スープは意外にもあっさりしています。というか薄味です。もしかしたらカラメをオーダーした方が良かったのかも知れません。風味自体は丁度いいんですけどね。コショーと唐辛子の他自分で味付けを調節出来る部分がないのでオーダー時にしっかりコールすれば良いと思います。今度入ったらカラメを頼もっと。チャーシューはホクホクトロトロでボリューム満点ですが、下味が付いてないのでスープの塩っけだけだと食べ切るのがつらいかも。弘前の二郎系の場合しょうゆだれで自分で調節する感じだからなぁ。全体的にギトギトしてなく身体に優しい感じの二郎系でした。ちなみに私は本物の二郎を食べたことがないので二郎と比較してどうこう言うことは出来ないです。弘前の一文路と比較するとマイルドである、とは言えるのですが。
P3070005.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感