So-net無料ブログ作成
検索選択
地元ネタ ブログトップ
前の10件 | -

青森県立郷土館 神の手・ニッポン展 [地元ネタ]

本日より青森県立郷土館にて開催された「神の手・ニッポン展」。日本のものづくり精神を受け継ぎながら、現代的な感覚や感性で創作活動を行ってきた五人のアーティストたちの作品展です。この企画は、古来日本人が手先が器用で繊細な感覚を持ちあわせていたことを再確認しつつ、各界でご活躍のモダンワンアンドオンリーな匠の技を一堂に集合させようという贅沢なものです。ミニチュアハウス、ペーパーアート、立体切り絵、ビーズアート、ジオラマなど約60点が展示されていました。
IMG_0392.jpg

会場は撮影禁止ですのでチラシを転載します。もう少しじっくりと作品を見てから行くかを決めたい方は、こちらのサイトをご参照下さい。→神の手●ニッポン

五人のアーティストのみなさん。どの作品も素晴らしかったのですが「立体切り絵のプリンセス」SouMaさんの作品がとても可愛らしく印象深かったです。ものすごく細かいハサミテクニックに超ビックリ!この方、誰にも師事することなく独力で自分の世界を切り拓いたんですって!

ガノタ(ガンダムオタク)の方には「情景王」山田卓司さんのジオラマ群がオススメ。バレになりますが、ランバラルさんにも会えます。「ビーズの織姫」金谷美帆さんの作品にまだドット単位が大きかった頃のコンピュータゲームを思い出したり、「紙の魔術師」太田隆司さんの昭和ノスタルジーな世界にほろりときたり...。

パンフでは五人のアーティストとなっていますが、「紙の建築家」HIROKOさんの作品も展示してあり、実は全員で六人です。ぱっと見他のペーパーアートと比べて何がすごいのか分からなかったのですが、理解してビックリ、ポップアップみたいに折りたたんでるのを開けば立体になるという仕組みになってるんです。

Scan20001.jpg

さて、つらつらと感想を述べましたが、個人的にメインだった方をまだ語っておりませんでした。「遠近法の匠」島木英文さんです。島木さんは元々建築家の方でして、各所からのオーダーに合わせてミニチュアの家(ドールハウス)を制作するアーティストです。作品は実在する家屋がモチーフになっています。

チラシ左上の画像、太宰の生家斜陽館なんですがすごいリアルでしょ?遠近法を使って奥に行くに従って部品サイズを少しづつ変えたり、自然光っぽく採光するためにLED電球の位置や当て方を工夫したりえらく凝ってます。会場にいらしていた島木さんのギャラリートークも聞けたのですが、材料を100円ショップから調達したり、ミニチュア醤油瓶の材料に歯間ブラシの柄の部分を使ったりと、なかなか興味深い制作秘話をご披露されてました。島木さん、「自分は謙遜してるわけじゃなく手先の不器用な人間なんです」「だから苦手なことは人任せの場合もあります」などとおっしゃってましたけど、このディテイルへのこだわり、そんなの全然感じさせませんよね。
Scan2.jpg

ブログさぼってる間に他にもいくつか展覧会鑑賞はしてたんですが、その中でも今年トップクラスで面白い企画展でした。8月27日までの開催です。

コメント(0) 

青森県立美術館 ラブラブショー2 [地元ネタ]

現在青森県立美術館にて開催されているラブラブショー2。
台湾アーティスト、チェン・チンヤオ(陳擎耀)氏の作品目的に鑑賞してきました。

チェン・チンヤオ氏といえば各国の著名な政治指導者をテーマにしたユーモラスな作品で知られているようですが、今回の展示は女子高生たちが鉄砲を持って進撃する「草地上的AK47少女」がメインになっており、なかなかスケベ心を、いや、エロスとタナトスを刺激されるものとなっております。同じコーナー写真家古賀学氏の水中ニーソ作品がコラボされていましたが、これはちょっと私のシュミには合わない感じ。なんかオシャレ過ぎて萌えません。決してニーソは嫌いじゃないんですけどね。

なお、企画全体の概要は青森県立美術館の公式サイト、もしくはねこぜさんのブログにてご確認下さい。7月2日までです。

一部を除いて撮影OKでしたのでAK47少女に絞ってご紹介しますね。
IMG_7074.jpg

ぱんちら上等!
IMG_7078.jpg
IMG_7079.jpg
IMG_7080.jpg
IMG_7081.jpg

スケスケ上等!
collage2.jpg

やられたー!(念のために断っておきますが、これ、アート作品ですからね。)
collage01.jpg

おまけ。水中ニーソ。私個人のフェチのツボには入らなかったです。(だから、アートだっつの!)
IMG_7066.jpg

「おまいはこれだけしか観てこなかったのかよ」とか言われるのも恥ずかしいので、一つだけおすすめコーナーを。民俗学研究者今和次郎氏と美術家林田嶺一氏のコラボ「考現学と考幻学」における満州の記録写真群は必見です。ここだけは真面目な気持ちで鑑賞してました。興味がおありの方、あと1週間ありますので是非足を運んでみてください。

コメント(0) 

弘前市雪燈籠まつり2016(津軽錦絵大回廊限定) [地元ネタ]

私の個人的シュミで津軽錦絵大回廊の美人画のみ公開しておきますw(って雪燈籠関係ないやん!)

IMG_6547.jpg
IMG_6548.jpg
IMG_6549.jpg
IMG_6550.jpg
IMG_6552.jpg
IMG_6553.jpg
IMG_6555.jpg
IMG_6556.jpg
IMG_6557.jpg
IMG_6558.jpg
IMG_6560.jpg
IMG_6561.jpg
IMG_6562.jpg
IMG_6563.jpg
IMG_6571.jpg
IMG_6575.jpg
コメント(0) 

ねぷた、天に帰る [地元ネタ]

弘前ねぷた有終の美「なぬかびおくり」。

今年のねぷたは事故なく無事終了。

葛西弘前市長も泣いてました。(俺もw)







IMG_4114.jpg

IMG_4117.jpg

IMG_4123.jpg

IMG_4124.jpg

IMG_4126.jpg

IMG_4129.jpg

IMG_4130.jpg

IMG_4136.jpg

IMG_4143.jpg

IMG_4152.jpg

コメント(0) 

田舎館村田んぼアート2015(第一会場) [地元ネタ]

今や全国的スケールで有名になった田舎館村の田んぼアート。他県でも田んぼアートに取り組んでいるところが増えているようですが、田舎館村のクオリティの高さは身びいきなしに日本一だと思っています。その執拗なまでのディテイルへのこだわりは今の所他の追随を許していない感じですね。それはいいのですが、今年の田んぼアートの報道を見ますと、どうも第二会場の「スターウォーズ」ばかり取り上げられていているようでやや不満です。個人的には第一会場の「風と共に去りぬ」の方が芸術度の高さでは上のように思います。

ということで、第二会場のレポはねこぜさんの記事をご参照いただくとして(スターウォーズとのコラボは必見!青森県田舎館村の田んぼアートは今が見ごろです!)、第一会場の様子のみをお届けしたいと思います。

説明不要でしょうけど、第一会場は田舎館村役場の天守閣向かいです。
IMG_3969.jpg

田んぼアート商店街なる出店スペース内に畑中温泉の源泉を利用した足湯コーナーがあります。一時ぬる湯化していた畑中温泉ですが、ボーリングのし直しであちちの湯に戻ってました。
IMG_3921.jpg
IMG_3968.jpg

陸地の高さから見た田んぼアートはこんな感じ。使っている稲の種類は天守閣内に掲示してある対応表を見ればわかるようになっています。
IMG_3966.jpg
IMG_3958.jpg

ポスターその1「ひと夏の田んぼアート」。デートコースオススメというアピールなのでしょうか?
IMG_3963.jpg

ポスターその2「芸術は豊作だ!」。なかなかいいコピーですね。
IMG_3961.jpg

ポスターその3「第2回短文芸コンテスト」。優勝したら第二会場で小石アート化されるのですが、(ねこぜさんの記事参照)その栄誉よりも賞品米30キロの方が魅力的なようにも思えます(笑)。
IMG_3952.jpg

ポスターその4「いち姫」。津軽史に登場する悲劇の女性千徳於市が、萌えキャラ「中辻いちこ」として現代に転生しちゃうというもの。史実の於市って千徳政武に嫁いだ後津軽為信に田舎館城を落とされて未亡人になり、のちの大供養会の場で為信が見てるとこで自害しちゃうんだよね。
IMG_3956.jpg

話が脇道にそれ過ぎたので天守閣を登りましょう。入場料200円也を券売機で購入し4階へ。見学スペースはネコの額のような狭さで長居は出来ない感じです。ちなみに、たまに湯記事に登場する畑中温泉「田舎館村老人憩の家」はこの位置にあります。
IMG_3923.jpg

どうです!美しいでしょう?「スターウォーズ」もいいけど完成度の高さ気品高さで「風と共に去りぬ」に一俵...、じゃなかった一票!
IMG_3936.jpg
IMG_3926.jpg
IMG_3939.jpg
IMG_3942.jpg

田植えや稲刈りでアマチュアの参加の余地を残してるところが素晴らしいですね。田舎館バンザイ!
IMG_3960.jpg
コメント(0) 

美味しいお店(自制用) [地元ネタ]

相変わらず肝機能悪いし、デブってきてるしあんまり外食しない方がよろしい身の上。酒は飲まなくても平気なんだけどタバコが辞められん。体、大事にしないとね。ここ半年ぐらいの外食画像列挙して、行きたくなっちゃったらこれ見て我慢することにします。(かえって行きたくなるんじゃないかって?まあその時はその時で。)正直あんまり美味しいお店とか知らないんですけどね。

①拉麺一文路
オーナーの見事なダイエット成功っぷりにはビックリしました。オレも負けてらんねと思ったけど「じゃあ二郎系控えろや」って話。痩せたらまた行くね、オーナーさん。
IMG_3372.jpg

②たかはし中華そば
煮干し系百花繚乱な津軽のラーメン事情ですが、わたしゃもっぱらここ専門です。
IMG_3029.jpg

③ラーメン豚次郎元大工町店
青山店が出来てからそっちばっかり行ってたんだけど、最近じゃ元大工町の方が雰囲気的に落ち着ける感じかな?
IMG_3064.jpg

④中みそ
解説不要。弘前市民のソウルフード。
IMG_3068.jpg

⑤岩手県雫石町 道の駅「雫石あねっこ」
雫石牛ラーメンというのを食しましたが、すき焼きとラーメンを同時に食べてるような不思議な体験でした。
IMG_3219.jpg

山形県最上町川の駅「ヤナ茶屋もがみ」
十割そばが売り切れてたので冷やしぶっかけそばを注文。次来る時は十割そば食うぞ!(ってダイエットの話はどうなった?)
IMG_3315.jpg

⑦浅虫鶴亀屋食堂
マグロウニハーフ丼。年々盛りがライト化してるという話を聞きますが私にゃこれで十分。(え?)
IMG_3639.jpg

ご時世でんなあ。
IMG_3638.jpg

⑧久吉たけのこの里
自然薯そばとかきあげのセット。結構ボリュームあって満足。(だから食い過ぎるなって!)
IMG_3596.jpg

⑨十三湖のしじみ
肝機能にはしじみが良いらしいけどソフトじゃあんまり意味ないよね。
IMG_3748.jpg

⑩岩手県西和賀町でめ金食堂
東北の湯ヲタ界隈じゃおなじみのお店。アブラ臭の湯っこで有名ですけど食事も美味しいですヨ。
IMG_3643.jpg
IMG_3656.jpg
IMG_3659.jpg

⑪Ancook
旧岩木町一町田のラーメンふる里屋の角を入ったところにある民家を改装したレストラン。ランチメニューは体に良さそうなものばかりです。アットホームなお店でしたので中では撮影を遠慮しました。
IMG_3810.jpg
IMG_3811.jpg

どっちかと言えば外食しない方だと思ってたけど、こうやって並べてみると結構行ってるな。これじゃあ痩せないわけだよな。トホホ...。

追記
⑫鳴子よし乃や食堂
鳴子界隈の美味しいお店ってほとんど開拓してないんですが、比較的利用頻度が高いのがよし乃や食堂です。前にも書いたけどここは豚肉を使ったメニューが美味。
IMG_1896.jpg

⑬弘前市内某所
男子同士で食うスイーツっていうのもたまにゃいいもんだ。
(俺は一口しか食べなかったけどそれでも満足[ハート]
IMG_3814.jpg
コメント(2) 

ボッチで過ごすのにオススメなスポット [地元ネタ]

日々生きてますと、ひとりきりで物思いにふけりたくなることってあると思います。そんな時オススメの場所を3つばかし紹介します。


①「道の駅」十三湖高原トーサムグリーンパーク(五所川原市市浦)

展望台から十三湖を望めます。
IMG_3706.jpg
IMG_3704.jpg

展望台にはこのような滑り台が付いてますが、私にはおっかなくてムリw
IMG_3692.jpg
IMG_3694.jpg
IMG_3701.jpg
IMG_3702.jpg

②ベンゼ湿原(つがる市木造

吹き渡るそよ風と鳥たちのさえずりが心地いい。ひとりっきりで全てを忘れたい時に絶好のスポット。秋にはナウシカ気分が味わえますw
IMG_3760.jpg
IMG_3768.jpg
IMG_3777.jpg
IMG_3781.jpg

③出来島最終氷河期埋没林(つがる市木造)

エゾマツやアカエゾマツの針葉樹が泥炭層で真空パックになってます。
IMG_3786.jpg
IMG_3803.jpg
IMG_3795.jpg
IMG_3799.jpg
IMG_3796.jpg
IMG_3792.jpg

この地層から飛び出てる木切れは28000年前のもの。
太古に思いをはせたい時はつがる市マジオススメ。
IMG_3804.jpg
IMG_3805.jpg
IMG_3806.jpg
IMG_3807.jpg
コメント(0) 

中泊メバル膳を食べてみる [地元ネタ]

「深浦ドライブ2015.6の巻」および「平内ホタテ活御膳を食べてみるの巻」の続きとしてお読みください。

ここまできたら7月3日デビューの中泊メバル膳もいっちゃうしかないでしょう!
メバル膳を扱ってる店は4つあるのですが、今回はその中で一番敷居の低そうな「おさかな海岸」に入ってみました。それにしても小泊は久しぶりです。雄乃湯温泉が潰れちゃってからほとんど行ってなかったと思います。ブログで小泊に触れたのは2007年6月の「竜泊ラインの旅(その1)の巻」が最後ですね。

IMG_3708.jpg
IMG_3709.jpg

メバル膳の概要がこれ。中泊産メバル1匹をお刺身と煮魚にした料理がメインでオマケにイカ刺が付いてます。料金は1300円也。例によって細かい能書きがありますが、別に好きに食べても全然構わないと思いますよ。
IMG_3719.jpg
IMG_3717.jpg
IMG_3723.jpg

案の定他の通常メニューの方がコスパ高そうだし美味しそう。今回もそこはぐっとこらえることに。
IMG_3714.jpg
IMG_3721.jpg

じゃーん!これが中泊メバル膳。超豪華そうでしょう?
IMG_3724.jpg

ところが実際食べてみると妙に量が少なく感じます。
ガンダム風に例えると、
「お頭なんてただの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。」
仮面ライダー電王風に例えると、
最初に言っておく!メバルのお頭は飾りだぁ!」
といった感じです。

だけど味は激ウマ!個人的には深浦マグロステーキ丼や平内ホタテ活御膳よりも美味しくいただきました。煮魚の汁まで全部飲んじゃおうかと思いましたよ。ただし他の2つのご当地グルメと違ってデザートは付いてないですね、これ。まぁ、お魚料理だからいらないと言えばいらないけど。

IMG_3726.jpg

せっかく太宰の小説「津軽」のクライマックスシーンの舞台である小泊に来たので、太宰&タケ像を詣でます。場所はこちらです→小説「津軽」の像記念館

IMG_3742.jpg

[けれども、私には何の不満もない。まるで、もう、安心してしまつてゐる。足を投げ出して、ぼんやり運動会を見て、胸中に、一つも思ふ事が無かつた。もう、何がどうなつてもいいんだ、といふやうな全く無憂無風の情態である。平和とは、こんな気持の事を言ふのであらうか。もし、さうなら、私はこの時、生れてはじめて心の平和を体験したと言つてもよい。]

心の底から甘えられる相手がいるのっていいよなぁ...って太宰に嫉妬スナ!アホ!
コメント(4) 

平内ホタテ活御膳を食べてみる [地元ネタ]

先日ウェスパ椿山で深浦マグロステーキ丼を食べた話をしましたが、そうなってくると青森県で二番目に出来た「新OMOTENASHIご当地グルメ」、平内ホタテ活御膳も食してみたいと考えるのが人情です。ということで今日は普段は全く行くことのない、平内のホタテ広場に出かけてきました。場所は浅虫をちょっと過ぎたところにあります。なもんですんで、何はともあれ浅虫で風呂フロ!

DSC05844.jpg
DSC05836.jpg
DSC05839.jpg

青森ほたてのホタちゃん。「これホタテってよりライオンじゃね?いや、昔明石家さんまがやってたパーデンネン(古っw)にも似てるね」と思い、心密かにライオンパーデンネンと命名。個人の感想ですので他意はありませぬ。
IMG_3580.jpg

これが平内ホタテ活御膳のポスター。新ご当地グルメシリーズは全部こんな感じのデザインですね。
IMG_3578.jpg

平内ほたて広場のメニュー表。どう見ても平内ホタテ活御膳(1200円)より、帆立わっぱ飯とラーメンセット(800円)の方がコスパ良さそうですが、今回はセット頼んだら負けと思い当初の予定通りホタテ活御膳を注文します。
IMG_3575.jpg
IMG_3576.jpg

「平内ホタテ活御膳のおいしい食べ方」。敬語の使い方がヘンテコな文ですが、深浦マグロステーキ丼のそれよりかはシンプルでわかりやすいです。
IMG_3564.jpg

これがホタテ活御膳。基本は深浦マグロステーキ丼と一緒で、お刺身のままかジンギスカンみたいにお好みで焼くかして、三種のタレでいただくという感じです。ご飯ものはお寿司が3つ付いてますがこれがなかなかのボリューム。深浦マグロステーキ丼の時は量が物足りなく感じたのですが、こっちはお腹いっぱいでした。味はまあまあって感じの美味しさです。りんご塩ダレというのが付いてましたが、これがなかなかスッキリと爽やかな味わいで、他の料理を食べる時にも使えそうな感じでした。
IMG_3567.jpg
IMG_3568.jpg
IMG_3571.jpg

まだ食べてる途中ですが、ホタテアイスのデザートが出てきます。溶けちゃったらなんなので、御膳と一緒に食べましたが、これがなかなかウマ〜い!今まで存在は知っててもあえてスルーしてたホタテソフトももしかしたら美味しいのかもね。次に来た時はおのれの欲望通り、セット&ソフトを注文しようかな?と思いました。平内って温泉的には夜越山ぐらいしかないところですが、今回みたいに浅虫とセットで来てみるとなかなか楽しめる場所なのかも知れません。子供のころは夏泊半島に遠足で来てワクワクしてたもんだったんだがなぁ〜(遠い目)。今じゃ下北に遊びに行く時の単なる通過点になっちゃってるし。寄り道は大事だよ、人生においてもね(意味深)。
IMG_3573.jpg
コメント(2) 
前の10件 | - 地元ネタ ブログトップ