So-net無料ブログ作成
思い出ネタ ブログトップ

カンニング事件と予備校時代 [思い出ネタ]

京大カンニング事件があたかも重大事件のように連日報道されている。個人的にはガソリン代値上げの方がよっぽど重大なんだが日本の報道機関はそうは思わないらしい。私がこの事件で「およよ?」と思ったのはただ一点。カンニングした子の通っていた予備校が私の母校(?)だったことである。当時は河合塾提携文理予備校という名称だった。高校三年の時、劣等生だった私は就職クラスにいた。勉強する時間を少しでも部活動のために使いたかったからである。部活を引退した後申し訳程度に地方公務員試験を受けたが、ロクに勉強してなかったので不合格。その後はなーんも就職活動をせず漫然と毎日を送っていた。なんとなく「やっぱり進学した方がいいかな?」とか考えつつも。。。卒業間近クラス担任に「お前どうすんだ?」と聞かれたところ「浪人します。」と回答。今さら受験勉強しても受かるはずがないと考え自ら一年を棒に振ったのである。とんだ親不孝ものだった。

仙台時代は結構楽しかった。カンニングした子と同じく寮生活だったがロクに予備校に行かないで友達とつるんで街に出て遊んでばかりいた。何せ初めての都会暮らしだったので何もかもが新鮮だったのである。一応寮には禁煙、禁酒をはじめ細かい規則があったが、守る者はあまりいなかった。最初の数ヶ月は寮生たちは結構真面目にやっていたが、血気盛んな若者がつるみ始めたらもはや抑えが利かない。夏以降は狭い個室の中でコンパを始めたり、ストレス解消と称して寮の壁をキックして大穴を開けたり、気に入らない者へ女の子の字でウソのラブレターを出したりなど酷いものだった。まさに旧制高校の寮みたいなノリ。他の寮の者と話すとみんな「お前んとこの寮に入らなくてホントに良かったよ。」とあきれられた。文理には寮がいくつかあったが私が入っていたのは特にタチの悪い者の集う寮だった。この寮には単に交通の便だけを考えて決めたに過ぎなかったのだけれど。私は単純な性格なのでその熱狂の中に巻き込まれそのまま溶け込んでいってしまったが、少なくとも他のみんなは私よりは頭が良く、かげではしっかり勉強していたことに気づいていなかった。そして翌春。そんな疾風怒濤の浪人生活をしていたバカ者に与えられた審判は「不合格」の3文字だけだった。文理での一年はセイシュン時代的にはオモロかったが、人生的には全くの無駄をしてしまった。またしても親不孝を重ねてしまった格好である。私が本格的に勉強を始めたのは二浪目からだ。毎日図書館に通うというスタイルで宅浪をしたのだが、そのことはまた機会があれば書こうと思う。

カンニングした子は山形出身だったらしいが、寮には入らず仙台まで通学には出来なかったのだろうか?寮費より交通費の方が安くつくし、電車の中で勉強に専念できるわけだし。私が仙台にいた年の吹奏楽コンクール東北大会は山形市で開催されたので当然のごとく聴きに行った。(←このドアホが!)仙山線で一時間程度の距離でそれほど遠く感じなかった。寮生活のなんたるかを知る者としては「親元から離れて浪人するのは結構リスキーな事なんだから通えるなら通った方が良かったんじゃないか?」とどうしても思ってしまう。ウチの時代の寮を基準に考えるのも失礼な話かもしれないけど。それでも東北六県の若者が一同に会す寮生活は楽しくも悲しくもあり貴重な経験ではあった。あのころのみんな今どうしてるんだろ?










コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

CX90年代深夜枠最強伝説 [思い出ネタ]

前回の記事で「昔CXで「音楽の正体」という番組があったが、それと同様、いやそれ以上に(scholaは)資料的価値の高い番組だと思う。」というようなことを書いたが、番組コンセプトの異なる「schola」と「音楽の正体」とを勝手に対峙させた上「それ以上の番組」と一方的に決めつけてしまうのはいかがなものかと反省したりもした。昔のフジの深夜番組はそれだけ凄かったのだ。今では考えられない。この「音楽の正体」に関しては現在youtubeで視聴可能なので、どんな番組か興味のある方は是非ちらからご覧頂きたい。youtubeを観ながら「こんなおもろい番組なのになんで録画しなかったんだろ?」と回想したところ、どうやら当時の私は近藤サトアナがあんまり好みじゃなかったかららしい。なんとももったない話である。「音楽の正体」以外で特に印象に残っているのは「文學トイフコト」「マエストロ」の二本だった。

「文學トイフコト」は日本文学の予告編映像というコンセプトの番組。私はこの番組ですっかり緒川たまき、井出薫ファンになってしまった。いやはやなんとも日本情緒豊かかつ艶かしい番組だった。番組の挿入曲として原田知世が歌う「t'en vas pas(彼と彼女のソネット)」カバーが素晴らしく、この曲の収録されているアルバム「カコ」は現在に至るまで私の愛聴盤である。その後、井出薫嬢は番組ディレクターの片岡Kと結婚。思わず壁を殴ってしまった思い出がある。


「マエストロ」は西村雅彦演ずる指揮者が主役の名曲紹介番組。といってもドラマ仕立てだったが。コンマス役は小木茂光、演奏は早稲田大学交響楽団など。取り上げられたテーマは、マーラー、チャイコ、ベト、サティ、ドヴォ、ブル、ワグネル、ドビュッシー、リヒャ、ストラヴィンスキー、ヴェルディ、プッチーニ、ビゼー、シューベルト、ラフマニ、メンデルスゾーン、ラヴェル、ブラ、モツ、そして最後にマエストロ=指揮者。ドラマはリハーサル風景を中心に展開したが、西村雅彦の無茶振りのタクトがなかなか抱腹絶倒であり毎回苦笑いしながら観ていた。

なんとかDVD出してくれませんかね?この3つの作品。







コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠くにありて想うもの [思い出ネタ]

私はmixiもTwitterもやらない人間でメールを書くのもたまーにだけなので遠方の友人たちと頻繁に情報交換したりしない。学生時代の友人に関しては年賀状だけが頼りだったりする。と言っても毎年くれるのは一人しかいない。書いてよこす内容は毎年「ブログ見てるぞ」の一言だけとそっけないが、写真に映っているお子さん達の成長が微笑ましいので彼の年賀状は元旦の楽しみの一つになっている。鑑賞のポイントはお子さん達がどんどん成長しているのに対し、彼は学生時代から全く変化しないところにある。太らない。ハゲない。体型髪型とも昔のまま。そのままサックスを持たせたらマーチングの練習にも参加出来そうだ。「きみは何か?不老不死なのか?」とアブラデブ&うすらハゲの私は思う。同窓会に出たらみんな私の事を笑うだろう。友は遠くにありて想うもの?


「Gちゃん、いつも年賀状アリガトー。今年もこの記事を年賀状代わりに読んでちょーだい!ところで最近みんなどうよ?Gちゃんはツイッターとかやったりすんの?」


コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえのMac謹賀新年の儀 [思い出ネタ]

昔のMac(漢字Talk〜MacOS9)は新年になると起動時に新年を祝ってくれていた。関東で一人寂しくアパート暮らしをしていた当時、新年のカウントダウン=Macたちのスイッチオンだった。MacOSXを常用するようになってからはこの秘密の儀式を行わなく(行えなく)なったが、去年ノラ猫のように安売りされていた初代iMacを入手してからは「儀式が10年ぶりに行える!」と心密かに正月を楽しみにしていた。日付変更とともに「ウッシッシ...」とほくそ笑みボンダイiMacくんを起動。ところがなんともならない。普通に起動するだけ。なんと旧MacOS最終バージョンのOS9.2ではこの機能(?)が廃止されていたらしい。

どうにも諦めきれず色々調べた結果、次の作業を行えば正月や誕生日を祝ってくれるとのこと。

①MacOS8.6アップデートとResEDITを用意する。(どちらもネットで入手可能)
②ResEDITでアップデートを開き、System別冊という階層を開く。
③System別冊からfdpcというリソースを見つけてコピー。
④ResEDITで起動ディスクのシステムフォルダからSystemを開きその中にfdpcをペースト。

途中はしょった。詳しくはこちらこちらなどに書かれております。ResEDITはシステムに直接手を加えるツールなのでご使用はくれぐれも自己責任で...ってフレーズも今じゃすっかり懐かしい響きですな。つうか2011年にもなってMacOS9を使おうと考える時点でアナクロニズムの残党っしょ。


この通りなんとか無事に「謹賀新年復活の儀」を執り行う事が出来た。
でもホントは漢字Talk7のころの「あけましておめでとうございます」の方が好きだったりする。

P1010022.jpg

ということで拙いブログではありますが今後ともよろしくお願いいたします。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吹奏楽コンクール全国大会があったんですね [思い出ネタ]

最近妙に吹奏楽ネタの夢を観るので、超ヒサビサに2chの水槽板をのぞいてみた。そうだった。10月は全国大会があったんだよな。コンクール総合スレで高校の部の金賞団体をざっとおさらいし、コン厨さんたちの批評を読む。みなさん相変わらずだなーといった感じ。聴いてみたいと思った団体は特にないのだけれど、東北の団体の演奏はどうだったかやはり気になる。北東北の低迷はとても寂しいです。秋田南高校、花輪高校、弘前南高校がそろって全国に出るのを再び観れたらもう吹奏楽に未練はないかも。もちろん選曲やサウンドの傾向は昔のまんまでだぞ!とかいうのは独りよがりな勝手な妄想なんだが。部活は現役さんだけのためにあるもの。古いOBに許されるのは妄想と思い入れだけです。「いつか必ず。。」と願って幾年か。今年のコンクールに出たみなさん、お疲れさまでした!余談だけど東京の某大学の吹奏楽部にも頑張って欲しいです。って、オレたちの頃より上手いらしいけど、よくは知らん。東京にいる同輩達はたまには近況報告するように。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタミナ太郎弘前店に入ってみる [思い出ネタ]

7月に弘前市扇町にオープンした「スタミナ太郎」。バイキング形式の焼肉店に入るのは6〜7年ぶりだ。この手の店が美味しいはずはないのだが、ある特殊なノスタルジーに浸るため利用してみた。私がまだ熊谷市民だったころ良く通っていたのが「肉のハナマサ」である。私のようにビンボーでケチなくせに腹一杯になりたい人間には「ハナマサ」がピッタリだった。仕事でストレスがたまると私はよくチャリンコで「ハナマサ」に通い、肉の味のするゴム、いや、ゴムのような固い肉を喰らっていた。そもそも私は若い頃は暴飲暴食の王の名を欲しいままにしていた。ご飯は一膳20秒程度で平らげてたし、和風レストランに独りで入って寄せ鍋を頼んだりもしていた。今じゃ高血圧症でメタボっ腹なのでそのようなことは控えている。それでも時々自分の立ち位置を確認するために、過去の愚行を繰り返したくなるのである。 「スタミナ太郎」では、紳士然と年相応の量とペースで食事をした。そして「ハナマサ」のゴム、いや、肉と同じ安っぽい味わいに熊谷人であった当時を懐かしく回想した。 「スタミナ太郎」には休日にランチサービスがなく、昼間からフルバイキング価格1980円を払う。はっきり言ってこれだけ払うならもっと美味しい店で食事が出来る。んでもまあ、美味しい思いをするのが目的じゃなかったですので。

注) 「スタミナ太郎」の名誉のため言っとくが、肉はハナマサレベルだが、他の料理やデザートは結構美味しかった。肉以外のメニューを目的にここに来る人がいるというのもうなづける。お寿司にウニがあるのも結構ウレシイ。私のような独り客も邪見にはされなかった。

 

P9270004.jpg

P9270003.jpg

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私のRCサクセション [思い出ネタ]

忌野清志郎氏の訃報を知ってから、私の頭の中でRCサクセションの音楽が繰り返し再生されており、仕事中も気がつけば鼻歌を歌ったり歌詞を口ずさんだりしている。私はRCの熱心なファンではなかったがそれなりに思い出はある。ブログに書いて人に読んでもらっても特に面白くもなんともない思い出だが。RCの存在を意識したのは中学生時代。きっかけは忘れたが、なんとなしに「ちょっとRCのファンになってみようかな?」とか考えたのだ。要するに思春期特有のアホくさい自意識の表出でありポーズである。何かのファンになればかっこ良くなれるものでもないのにね。今思い返してみると、多分毎週聴いていた坂本龍一のサウンドストリートあたりの影響だったのではと推測する。

お小遣いの少なかった私はRCに限らずレコードを購入するゆとりなどなかったのだが、中学2年の時ひょんなことで、その機会を得た。場所は修学旅行中の都内某所である。修学旅行の自由行動の日に私は川口の伯母と会う約束をしていた。幼少のころは何度も親戚の家に遊びに行ったものだったが、ある程度成長してからは親戚とは疎遠になっていた。
なので、子供の頃は可愛がってもらっていたくせに、人見知りするようにはにかんでしまって、何を話せば良いのか分らなかった。そんな私の様子を察してか「何でも好きなもの買ってあげるから言って見なさい。」と叔母さんが切り出してくれた。「実はレコード屋に行きたいんだけど。。。」田舎坊主の私は少々屈辱を感じたが、子供のように人に甘えられる機会はもうないだろうと、叔母さんに案内してもらった。「俺が今欲しいものはと。。。」と熟考し、ハムレットのように悩んだが、結局私の手には2つのミュージックテープが残った。(なんでLPでなくテープにしたかは謎である。荷物になると思ったからかな?)

ひとつは、ブラスロックバンド「スペクトラム」のベストアルバム。これは私が吹奏楽小僧だった関係である。私が中2のころには既に解散していたが、いっこ上の熱心なスペクトラムヲタの先輩の影響でじっくり聴いてみたくなっていたのだ。その時までスペクトラムの楽曲と言ったらインザスペースしか知らなかったし、桑田啓介がヴォーカルで参加していることも知らなかった。今ひとつがRCサクセションである。とにかく何でもいいからと思ってロクに内容を確かめず「これがいいな。」と伯母さんにレジを頼んだ。ほんとはもっとちゃんと選びたかったが、二つも手にしている時点でずうずうしく思ったので遠慮した。自分へのお土産を得た私はこの2つのテープを聴くことを非常に楽しみにしていた。

家に着いて早速RCのテープを聴いてみたが、なんだか違和感を感じた。全然ロックしてない。まるでコミックバンドみたいだし、曲も古くさい。「アレ?RCってこんなバンドだったっけ?」そう。私はRCがフォークバンドから出発したことを知らなかったのだ。「俺はフォークグループのファンになるつもりはないんだが。。。」と喰わず嫌いをしそうになったが、繰り返して聴くうちにだんだん引き込まれ、ロックに路線変更した以降のRCの音楽よりずっと好きになった。かえってRCの「愛し合ってるかい?」とか「Mmm...Baby!」とかいう要素は受け付けない体になった。そのテープのタイトルは「ハードフォークサクセション」というものだった。つまり私にとってRCの音楽とは初期RCのことであり、化粧をしているキヨシローではなくマッシュルームカットのキヨシローなのである。


忌野清志郎氏の逝去をきっかけに以上のようなことを思い出し、私のiPodにRCのプレイリストを作ってみた。(思えばRCとは25年ぶりの邂逅となる。)その結果、「トランジスタラジオ」「雨あがりの夜空に」「サマーツアー」「ベイビー!逃げるんだ。」などといった私の思春期にリアルタイムで流行っていた楽曲を一切含まないリストになった。今車の中で聴いているのは「ぼくの好きな先生」「三番目に好きなもの」「僕の自転車の後ろに乗りなよ」「キミかわいいね」などといった初期のRC、および、矢野顕子とのデュオの「ひとつだけ」、坂本冬美と細野晴臣とのトリオHISの「夜空の誓い」などの曲である。修学旅行の時伯母さんに買ってもらったテープはまだ私の部屋のどこかにあるはずだ。実は昨日この思い出のテープを探す気になって部屋の隅っこにうずたかく積んである段ボールの発掘調査を行ったが、あまりにも他の雑テープや雑ビデオが膨大であり発見出来なかった。RCは見つからなかったが、長年忘れていた高校や大学時代の吹奏楽部時代の演奏テープなぞを発見し、つい懐かしさに浸り、そのうち飽きてめんどくさくなり発掘を断念した。私はこういったものを一切捨てられないのである。

「離れている時でも おいらのこと 忘れないでいてほしい ねえ お願い BYキヨシロー」BYE!

コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ツワン先生の思い出 [思い出ネタ]

チベット問題が連日報道されている。政治的発言をブログでする気は一切ないが思い出ネタだけをちょっとだけ。私はチベットのことが話題になる度に埼玉時代に知り合ったあるドクターのことを思い出していた。チベット出身のその先生は私が勤務してた施設の協力医療機関のドクターであった。チベット人は人民解放軍が入って来てから世界中に散らばったが、どこにいても生きて行ける知恵として実学を身につけていたのである。日本に医学を学ぶため留学し、チベットの漢語表現「西蔵」を名字としている先生もその一人であった。西蔵先生は非常に穏やかで優しい先生だったが、一度だけ私を厳しく叱ったことがあった。詳細はここには書かないが、その時の教えは今でも私の座右の銘として心に刻んでいる。つい最近扱ったケースに於いても先生の教えを守るように気をつけて行った。一緒に仕事をした期間は短かったが、尊敬出来る人だった。チベット問題が話題になる度に西蔵先生のことを懐かしく思い出していたが、ついさっき、たまたまYoutubeを観てのけぞった。


なんと西蔵先生がテレビに出演してチベット問題についてコメントされているではないか!ツワン先生、お懐かしゅう。

追記:ほんの一瞬の邂逅であったのでツワン先生はしがない生活相談員だった私のことなど覚えていないだろう。このブログに立ち寄って下さった方々、温泉やヲタク記事のついでと言っては失礼ですが、是非こちらのサイトのツワン先生のメッセージをお読みいただきたいと思います。
   

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風魔の小次郎 [思い出ネタ]

「風魔の小次郎」の実写版が放送開始になっている。
http://www.fuuma-kojirou.com/

ネットとは、げに便利なものでこのようなローカル番組でも世界中で目にすることが可能になってしまっている。著作権の問題などあるだろうが、もうネットというパンドラの箱は開いてしまっているのだから、テレビ局は別の商売を考えた方がいい。DVDで売る事にもうこだわらないで欲しい。iTSのような配信方法をしてくれるのならゼニ払うよ。

ということで、観ちゃった。面白いねコレ!ツッコミどころはたくさんあるんだけど、原作ファンも楽しめる内容になってる。私は車田作品はリンかけにしか興味がない。それでも一応車田作品を読んでいたのは、今は亡きラポート社のヲタク雑誌「ファンロード」に連載されていた島村春奈さんのパロディー作品を楽しむためであった。「リングにまねろ!」「風魔のセ小次郎」「聖闘士ダ星矢」。。。タイトルだけで島村さんのセンスの良さがうかがい知ることが出来る。本編の方もしかり。今思い出してみても爆笑してしまう。学生時代、島村春奈さんは私と同じぐらいの世代でかつ結構ルックスも良い女の子だったので、もう大ファンであった。大学生にもなってファンロードを購読していたのはそんな理由であった。

「風魔の小次郎」実写版、ヒロイン役の川原真琴さんが可愛いので最後まで観てしまうと思う。んでもね、本当は 「風魔のセ小次郎」の実写版が観たいのですよ。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
思い出ネタ ブログトップ