So-net無料ブログ作成
検索選択

青森県立美術館 ラブラブショー2 [地元ネタ]

現在青森県立美術館にて開催されているラブラブショー2。
台湾アーティスト、チェン・チンヤオ(陳擎耀)氏の作品目的に鑑賞してきました。

チェン・チンヤオ氏といえば各国の著名な政治指導者をテーマにしたユーモラスな作品で知られているようですが、今回の展示は女子高生たちが鉄砲を持って進撃する「草地上的AK47少女」がメインになっており、なかなかスケベ心を、いや、エロスとタナトスを刺激されるものとなっております。同じコーナー写真家古賀学氏の水中ニーソ作品がコラボされていましたが、これはちょっと私のシュミには合わない感じ。なんかオシャレ過ぎて萌えません。決してニーソは嫌いじゃないんですけどね。

なお、企画全体の概要は青森県立美術館の公式サイト、もしくはねこぜさんのブログにてご確認下さい。7月2日までです。

一部を除いて撮影OKでしたのでAK47少女に絞ってご紹介しますね。
IMG_7074.jpg

ぱんちら上等!
IMG_7078.jpg
IMG_7079.jpg
IMG_7080.jpg
IMG_7081.jpg

スケスケ上等!
collage2.jpg

やられたー!(念のために断っておきますが、これ、アート作品ですからね。)
collage01.jpg

おまけ。水中ニーソ。私個人のフェチのツボには入らなかったです。(だから、アートだっつの!)
IMG_7066.jpg

「おまいはこれだけしか観てこなかったのかよ」とか言われるのも恥ずかしいので、一つだけおすすめコーナーを。民俗学研究者今和次郎氏と美術家林田嶺一氏のコラボ「考現学と考幻学」における満州の記録写真群は必見です。ここだけは真面目な気持ちで鑑賞してました。興味がおありの方、あと1週間ありますので是非足を運んでみてください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。