So-net無料ブログ作成
検索選択

ツイッターのこと [私自身のこと]

親友のライターの勧めでTwitterを始めた。私の文章は一の事物を十にも二十にも膨らませて書く傾向があり、一読では判読不能の過度な粉飾の悪文で人をケムに巻き論点ぼかしをするのが常なので、こういった短文の発表の場を与えられたとて何をどうしたらよいかサッパリである。なんだか川柳の課題を与えられているようでもある。ブログは街頭演説のような感覚で公序良俗に反しないことだけに留意しつつ不特定多数に対して好きなように書く事が出来るが、mixiやTwitterのようなサロンの場合、なんだか自分の人となり、交友関係などを意識せざるを得ず、気疲れするように感じる。もちろんサロンを意識しないことも可能だが、一匹狼のようにひたすら念仏を唱え続けるような行為にどのような意義があるかは分からない。

Twitterやmixiは立食パーティを連想する。一人で黙々と飲み食いしているもよし、同好の士でテーブルを囲み歓談するもよし、見知らぬ人との出会いの場とするもよし。。。なのだが私の場合社交性が低く人見知りするタイプなので、内心ふてくされて「お友達が多い人は楽しくていいよね。」と斜に構え、人の視線を避けるようにあさっての方角を向き、ブツブツと誰も聞かぬ愚痴を言い続け、「早く茶話会終われ」とひたすら念ずるといったいつもの行動パターンがそのまま反映されそうだ。親友のライター氏にmixiやTwitterのそのような場違い感覚から来るニゴリについて苦情を述べると、「誰も読んでないから安心しろって!」と一蹴される。私の自意識過剰性や妙な傑作意識を嗤うのである。分かる。分かるんだけどさ。そもそもこのブログも彼に勧められて始めたわけだが、少なくともブログの場合、足跡機能やフォローなどといった他者を意識せざるを得ないような機能は付いていないのでなんとか続けられている。

文句ばかり言ったが、取りあえずは親友のライター氏との軽いチャットの場としてTwitterを活用し始めている。「有名人のツィートをフォローするようにして知り合いをなるべく含めないようにすりゃいいよ。」と彼はアドバイスするが、そもそもツブヤキを拝聴したくなるような有名人はそれほどいないし、人様のツブヤキを覗き見してもそれほど楽しくない。このまま誰も読まないようなお念仏を唱え続ければ良いのだろうか?フォローするのもされるのもなんだか気恥ずかしいが、フォローしないのもされないのもわびしく感じる。そしてその憂さ晴らすようにまた匿名掲示板へとアクセスするようになるのだろう。(ダスゲマイネ。だすけまいね。)


追記:NHK広報局さんのツイートだけはTwitterを始める前から大好きでした。ネット住民の気持ち分かってますやんw(はぁと)
nhk.jpg




コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

1tra

ブログの文章をアタマだけTWITTERに掲載してリンクつくるという方法もあるよ。単にブログのリンクが増えるだけ。他のことは一切つぶやかないようにすればよい。わたしは今のところやってないけど。
by 1tra (2011-01-15 21:21) 

manzo

それもアリかも知れないけどしばらくは今のスタイルでいくわ。君との会話も楽しみたいし。でもアメブロの時みたいに周辺のこと書きすぎて結果身近のリアルの人物に迷惑かけて全部サクらにゃならん事態になるのが怖かったりすんのよね。(ネットってホントこっちの意図せぬ方向に展開することを学びましたわ。)
by manzo (2011-01-16 01:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。